[評判/口コミ]生涯プレミアムワールド5をメリット・デメリットまで解説[T&Dフィナンシャル生命]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生涯プレミアムワールド5の保障内容やメリット・デメリット、評判を解説

多種多様な外貨建て保険が販売されている中、T&Dファイナンシャル生命の「生涯プレミアムワールド5」が話題となっています。

「資産運用中でもお金を受け取れる外貨建て保険」は他にも多くありますが、受け取り方をより自由に選択できることが人気の理由です。

そこで今回は、

  • T&Dファイナンシャル生命の「生涯プレミアムワールド5」の基本情報と付加できる特約
  • T&Dファイナンシャル生命の「生涯プレミアムワールド5」を契約するなら知っておくべきデメリット
  • T&Dファイナンシャル生命の「生涯プレミアムワールド5」ならではのメリット
  • T&Dファイナンシャル生命の「生涯プレミアムワールド5」を利用した人の口コミ
  • T&Dファイナンシャル生命の「生涯プレミアムワールド5」と類似商品を徹底比較

以上のことについて解説していきます。

この記事を読めば、T&Dファイナンシャル生命の「生涯プレミアムワールド5」について詳しく理解でき、自分のニーズに合った外貨建て保険を選択する手助けになるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

生涯プレミアムワールド5の保障内容を解説!外貨建て保険の特約内容は?

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は、正式名称を「無配当外国為替連動型終身保険(積立利率更改・通貨選択Ⅴ型)」と言います。

名前にもある通り、こちらは為替の影響を受けながら資産運用していく商品です。

家族に残す保障を確保しながら、資産運用で得た利益は自分で受け取ることができます。

  • まずはT&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」の基本情報をご覧ください。
保障内容 死亡
契約指定通貨 米ドル・豪ドル
積立利率保証期間 米ドル:10年 豪ドル:20年
死亡保険金最低保証期間 40~79歳:10年

80~90歳:5年

契約年齢範囲 40歳~90歳
一時払い保険料 100万円~5億円(1000円単位)
保険料払込方法 一時払いのみ
口座振替
保険料を円貨で払い込む場合の為替手数料 不要
契約者貸付 なし
告知 不要

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は、払い込んだ保険料を外貨で運用しますが、保険料の払い込み・保険金等の受け取りは全て日本円で行われるため、区分としては「円建て保険」となります。

パンフレットの金額も全て円貨で記載されているため、外貨や為替に詳しくない方でも理解しやすくなっています。

またこちらの保険は、

  1. 積立コース
  2. 定期支払コース

の2つが用意されており、契約者のニーズに合わせて選択可能です。

①積立コースは、運用により得られた利益分を積み立てておき、好きなタイミングで受け取ることができます。

旅行や趣味、お祝いごとなど、まとまったお金を一気に引き出したい方におすすめです。

②定期支払コースは、毎年1回の定期支払金を一生涯受け取ることができます。

積立コースよりも少ない金額を定期的に受け取るこちらは、死亡保障を確保しながら生活費も確保したい方におすすめします

さらに、どちらのコースも「目標値到達時終身保険移行特約」を付加することで、運用による目標値を設定できます。

目標値は一時払い保険料の100・105・110%の中から設定でき、目標を達成した時点で運用成果は日本円で確保されます。

また契約自体も円建て終身保険に自動移行されるため、それ以降は為替変動による影響を受けません。

このようにT&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は、契約者に寄り添う保障内容が満載されています。

  • それではここで、積立コースを契約した場合の追加額(運用益)をシミュレーションしていきましょう。

<契約例>指定通貨:米ドル/一時払い保険料:1000万円/積立利率:2.0%

※契約から10年間の予想運用益

契約年数 追加額 合計追加額
1年目 16万円 16万円
2年目 20万円 36万円
5年目 20万円 102万円
10年目 24万円 194万円

毎年の追加額は為替レートによって変動しますが、少しずつ貯めていけば大きな金額を受け取ることが可能です。

将来の楽しみにとっておくのも良いですね。

  • T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」に付加できる特約はこちらです。
特約名 内容
定期支払特約 毎年の追加額と同額の定期支払金を、毎年受け取ることができる
目標値到達時終身保険移行特約 契約時に目標値を設定でき、達成した場合は円建て終身保険へ移行することができる
保険金最低保証特約 最低保証期間中の死亡保険金額が元本割れしている場合、一時払い保険料の金額と確定保険金額の合計額を最低保証とすることができる
介護年金支払移行特約 被保険者が「要介護1」と診断された場合、解約返戻金を原資とした介護年金を生涯受け取ることができる
外貨支払特約 死亡保険金や解約返戻金を外貨で受け取ることができる
年金支払移行特約(I型) 解約返戻金を原資とした年金を受け取ることができる
新遺族年金支払特約 死亡保険金の全部または一部を確定年金で 受け取ることができる
指定代理請求特約 あらかじめ指定した指定代理人が、被保険者の代わりに年金等の請求をすることができる

こちらの保険には死亡保険金に対する最低保障が付いていないので、「保険金最低保証特約」を付加しておくと安心です。

また平均寿命が伸びている現代だからこそ、将来の介護費用を確保できる「介護年金支払移行特約」の付加も合わせておすすめします。

コラム:T&Dファイナンシャル生命ってどんな保険会社?格付け評価はどれくらい?

T&Dファイナンシャル生命は、太陽生命や大同生命などと同じく「T&D保険グループ」により運営されている保険会社です。

保険商品の販売は全て、金融機関や保険ショップなどの代理店で行われているため、直接営業マンが売り込むことはありません。

そのため会社の知名度はあまり高くありませんが、契約者に寄り添った商品やサービスにより高い人気を誇っています。

保険会社の大手格付け業者による評価もAA -(最高がAAA)とされており、T&Dファイナンシャル生命が優秀な会社であると証明されています。

実は生涯プレミアムワールド5にはデメリットが!?元本割れのリスクとは

契約者にわかりやすい内容が魅力のT&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」ですが、外貨を扱う保険ならではのリスクを伴います。

契約前にこれらのデメリットをしっかりと理解しておかなければ、元本割れなどの大きな損害を生み出すことになりかねません。

メリットを知る前に、まずはデメリットについてしっかりと確認していきましょう。

積立利率は保険料全てに適用されるわけではない?実質利回りの考え方を解説

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は、外貨ならではの高い積立利率で運用することができる保険です。

ただしこの積立利率は、払い込んだ保険料の全額に適用されるわけではありません。

契約時に払い込んだ一時保険料は、契約にかかる費用として

  • 契約の維持等に必要な費用
  • 死亡保険金に関する費用
  • 保険金最低保障特約を付加した場合の費用

が引かれ、残りの金額に積立利率が適用されることになります。

その結果得られた利益が「実質利回り(実際の利益)」なので、

積立利率=実質利回り】ではないのです。

このことを知らずに契約すると後々トラブルになる可能性があるので、ぜひ覚えておいてください。

外貨建て保険には為替リスクがつきもの!為替レート変動の危険性とは

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」では外貨を扱うため、為替リスクにも注意が必要です。

払い込んだ保険料は外貨で運用されるため、為替レートの影響を強く受けます。

そのためタイミングによっては運用益が上がる場合も、反対に下がる場合もあるのです。

円建て保険や預貯金などよりもハイリスク・ハイリターンであるということですね。

さらにこの保険には死亡保険金額の最低保証が設けられていないので、最悪の場合は元本割れしてしまう可能性も考えられます。

少しでもリスクを減らすために、契約の際には「保険金最低保証特約」を付加するのがおすすめです。

中途解約は元本割れの危険性が!市場価格調整に注意

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は長期的な運用を前提としている保険なので、中途解約には以下のようなペナルティが設けられています。

これにより払い込んだ資産が目減りしてしまうことも十分あり得るので、中途解約(特に早期解約)は避けたいところです。

またこれらのペナルティは、ほとんどの外貨建て保険にも共通して設けられています。

外貨建て保険をご検討の方は、ぜひ一度確認してみてください。

<解約控除>

契約から10年未満の早期解約をした場合、解約返戻金額から、経過年数に応じて定められた「解約控除率」が引かれる仕組みです。

早期に解約するほど引かれる金額が大きく、元本割れの可能性が非常に高くなります。

<市場価格調整>

解約の際に支払われる解約返戻金額が、その時の市場金利の影響を受けて増減する仕組みです。

契約時よりも市場金利が高いタイミングで解約した場合には解約返戻金額が減少し、また逆の場合も考えられます。

タイミングが良ければ資産を増やすことができますので、「市場金利の変動に対応する機能」と言い換えることもできるかもしれません。

生涯プレミアムワールド5のメリットとは?外貨ベースでは大きく資産増

ここからは、T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」を契約することで得られる大きなメリットについてご紹介します。

様々なデメリットはありますが、契約者の幅広いニーズに応えられるよう考えられた優秀な保険です。

また、リスクを最小限に抑えるためのサービスも各種取り揃えています。

積立利率は1.5%前後!高金利な外貨で資産運用が可能

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は、払い込んだ資産を高金利の外貨で運用できることが大きな魅力です。

このとき運用通貨は米ドル・豪ドルから指定でき、それぞれの積立利率(%)は以下のように設定されています。

<米ドル>

契約時の年齢

男性

女性

40~69歳

1.83

1.84

70~79歳

1.76

1.82

80~84歳

1.67

1.73

85~90歳

1.45

1.62

<豪ドル>

契約時の年齢

男性

女性

40~69歳

1.08

1.16

70~79歳

1.04

1.14

80~84歳

1.00

1.12

85~90歳

0.83

0.95

※2019年11月16日~30日現在

日本国内の金利が1%未満なのに対して、外貨の金利がいかに有利かということがわかります。

特に米ドルは1.5%前後と高い利率での運用が可能であり非常に魅力的です。

ちなみに「保険金最低保証特約」をプラスした場合は利率が少し下がりますが、それでも国内で運用するよりは効率的なので、安全のために付加することをおすすめします。

積立コースは積立金の受取り自由度が高い!為替変動に柔軟に対応可能

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」には、1年に1度定期支払金を受け取れる「定期支払コース」のほか、自分の好きなタイミングで受け取れる「積立コース」があります。

「積立コース」では運用で得た利益を積み立てておくことが可能なので、一度に大きな金額を受け取ることができます。

使い道はもちろん自由であり、例えば旅行や大切な行事、自分へのボーナスなどに使うのがおすすめです。

また為替レートの状況が良い時に受け取れば、リスクを最小限に抑えられるため、より多くの資産を手元に残すことができます。

このように「積立コース」で得られるメリットは大きく、使い勝手が良いことから人気を博しています。

目標値設定が可能!運用成果を自動で円建て終身保険として確保する

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」では、「目標値到達時終身保険移行特約」を付加することにより、運用益の目標値を100%/105%/110%の中から設定することができます。

そして運用中にこの目標値を達成した場合は、運用成果が日本円で確保され、さらに契約自体も円建ての終身保険へと自動移行されます。

つまりそれ以降は為替リスクの心配がなくなり、また円建てで一生涯の保障を確保できるのです。

十分な利益を確保してすぐに円建て保険へと移行するこの特約は、目標を持って資産を増やすことができると好評を得ています。

目標値の設定によって積立利率が下がることはないので、ぜひ利用しましょう。

要介護状態も保障される!「介護年金支払移行特約」で介護年金を受取ろう

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」の特約のひとつに「介護年金支払移行特約」というものがあります。

この特約を付加すれば、契約期間中に被保険者が「要介護1」以上と認定されてしまった場合、解約返戻金を原資とした介護年金を、生涯にわたり受け取ることができます

死亡だけでなく介護状態にも備えることができるので、何かあった場合でも安心ですね。

ちなみに日本は長寿命国として有名ですが、自分が介護状態になったときに備えてお金を準備している方はあまり多くありません。

しかしその一方、介護にかかる家計の負担は、月平均7万9000円だと言われています。

もし何も備えていないのであれば、自分のため、そして家族のためにも「介護年金支払移行特約」を付加しておくのがおすすめです。

生涯プレミアムワールド5は資産分散を検討している方におすすめ

世界経済が大きく揺れ動いた近年では「資産をひとまとめにせず、いくつかに分散して管理したい」と考える方が、以前よりも増えてきています。

そもそも資産分散とは、現在お持ちの資産を

  1. 現金/現金以外(金や宝石など)
  2. 日本円/外貨
  3. 預貯金/不動産/株

などの方法により、複数のグループに分けて管理することを指します。

こうすることで、ひとつの資産価値が急落した場合でも、一部の資産は守られるからです。

さらに有効な資産分散方法としては、T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」を含む外貨建て保険に注目が集まっています。

なぜなら上記に挙げた資産分散方法のうち2、3が同時に実行できるからです。

資産分散の方法は他にも「外貨預金」「投資信託」などいろいろありますが、ただ分散させるだけでなく資産増加も目指したいのであれば、高金利で運用できる外貨建て保険も候補に入れてみてください。

生涯プレミアムワールド5の口コミや評判は?みんなの意見をご紹介

準備中

T&Dフィナンシャル生命の生涯プレミアムワールド5と大樹生命のドリームロードを比較

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」と内容が似ているためよく比較されるのが、大樹生命「ドリームロード」です。

そこでここからは、2つの外貨建て保険を詳しく比較し、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

外貨建て保険へのご加入を選んでいる方の参考になればと思います。

始めに、T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」と大樹生命「ドリームロード」の主な違いをまとめました。

生涯プレミアムワールド5

ドリームロード

保険区分

円建て保険

外貨建て保険

選べるコース

定期支払コース

積立コース

なし

保障内容

死亡・介護(特約)

死亡・高度障害

契約可能年齢

40~90歳

0~80歳

保険期間

終身

満期あり(5年/10年/15年)

どちらの保険商品も、

  • 毎年生存給付金が受け取れる
  • 指定通貨が米ドル・豪ドルから選択できる
  • 目標値の設定→達成後は円建て保険への移行可

以上のことは共通していますが、異なる点も多々あります。

大樹生命「ドリームロード」は、満期までの期間中、年に1回ずつ生存給付金を受け取れる外貨建て保険です。

この生存給付金は最長10年間の据え置き処置が付いており、為替レートの状況が良いタイミングにまとめて引き出すことが可能です。

また保険期間は短期から長期まで用意されているため、契約者のライフプランに合わせて選択することができます。

生存給付金に特化した保険なので、資産分散しながらしっかりと給付金を受け取りたい方、また保険期間を決めておきたい方にはこちらがおすすめです。

一方、T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は、介護年金についての特約を付加することができます。

またこの保険では外貨を扱いますが、取引の全てを円貨で行う「円建て保険」なので、より多くの方が理解しやすいこともメリットです。

資産運用しながら介護にも備えたい、また理解しやすい保険に加入したいのであれば、こちらをおすすめします。

外貨預金や投資信託とも比較検討しよう

投資目的で外貨建て保険へのご加入を検討している方は非常に多いですが、人気の資産運用方法はこの他にも「外貨預金」「投資信託」などがあります。

ここではそれらの方法について、それぞれの特徴や良い点・悪い点などを見ていきましょう。

<外貨預金>

外貨預金とはその名の通り、資産を外貨に両替して銀行に預け入れることです。

外貨の金利は日本国内よりずっと高いので、日本円で預けておくよりも大きな利子がもらえます。

また資産分散できるため、万が一のリスクに備えることもできます。

外貨建て保険との大きな違いは、

  • 比較的リスクの少ない方法であること
  • 少額の初期投資から始められること
  • いつでも預け入れや引き出しができること

などが挙げられます。

このように気軽に始められるのが人気の理由です。

ただしデメリットとしては、自分で資産を動かすため、必要となる最低限の知識を身につける必要があります。

もしも全く知識がないまま外貨預金を利用してしまうと、気づかないうちに資産を減らしてしまう可能性があるからです。

外貨預金を始めるのであれば、まずは為替や外貨の仕組みについて理解することがとても重要です。

<投資信託>

投資信託とは、たくさんの投資家から集めた資産を、運用のプロである「ファンドマネージャー」が代わりに運用してくれるものです。

投資などについての知識がない初心者でも簡単に資産運用できることから、とても人気を集めています。

外貨建て保険との大きな違いは、

少額の初期投資から始められること

短期での運用が可能なこと

などが挙げられます。

良いことばかりの投資信託ですが、実は

  • 購入時手数料
  • 運用管理費用
  • 監査報酬
  • 売買委託手数料
  • 信託財産留保額

以上の他にも、様々な手数料が掛かってしまいます。

また元本も保障されておらず、うまく資産運用できるかどうかはファンドマネージャーに委ねられます。

知識に自信はないが資産運用してみたい、手数料も許容できるという方には、とても適した方法です。

上記2つの方法に比べて、外貨建て保険には多額の初期費用や長い運用期間が必要なのですが、その分大きなリターンを期待できるのがメリットです。

それぞれの違いをよく知った上で、ご自身にぴったりの資産運用方法を選択してください。

参考:相続対策に活用!死亡保険金の非課税枠を利用しよう

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」などの生命保険契約で受け取る死亡保険金には、相続税の非課税枠が設けられています。

そのため、生命保険を活用した節税対策は非常に有効です。

まず死亡保険金については、【500万円×法定相続人の数】までは非課税となります。

例えば父・母・子2人の4人家族で父親が亡くなった場合、1500万円まではそのまま受け取れるということです。

さらに、死亡保険金や預貯金などを含む遺産の総額については【3000万円×600万円×法定相続人の数】の金額分だけ基礎控除されます。

このような制度があるため、ほとんどの場合は非課税で相続できるのですが、多額の資産を相続したい場合は必ず控除枠を活用しましょう。

まとめ:T&Dフィナンシャル生命の生涯プレミアムワールド5を資産形成や相続対策に活用!

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」について詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

この記事のポイントは、

  • T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は、家族のための資産を残しつつ生存給付金の受け取りができる、外貨を活用した円建て保険である
  • T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」には元本割れリスクなどのデメリットが存在する
  • T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」を活用すれば、高い積み立て利率などの様々なメリットを得られる
  • T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」や他の投資性商品にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、特徴をよく理解することが大切である

以上のことでした。

T&Dファイナンシャル生命「生涯プレミアムワールド5」は、高金利な外貨で資産形成しつつ、さらに運用で得た利益は好きなタイミングで受け取ることができる、優秀な保険商品です。

また特約を付加すれば、介護状態にも備えることができます。

大切な家族に少しでも多くの資産を残したいとお考えの方に、とてもおすすめできる保険です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この他にも様々な外貨建て保険について解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*