[評判/口コミ]マニュライフ生命のこだわり変額保険の運用レポート、デメリットまで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マニュライフ生命のこだわり変額保険の保障内容やメリット・デメリット、口コミ、評判を解説

マニュライフ生命が販売しているこだわり変額保険は、保険料の一部を特別勘定として運用し、運用実績に応じて保険金や解約返戻金が増減する変額保険の1つです。

外貨建て保険と並んで投資要素が強い保険として選択肢に入りやすい変額保険ですが、他の投資手段と比べると各種手数料が高い分、実質利回りが悪いという意見もあります。

しかし、万一の際には死亡保険金が受け取れること、運用実績が芳しくなくても死亡保険金については最低保証金額を受け取れることから、万一に備えつつ長期的に資産運用をしたい場合には有用な保険であるといえるでしょう。

この記事では、マニュライフ生命のこだわり変額保険について

  • こだわり変額保険の保障内容や運用の仕組みについて
  • こだわり変額保険における特別勘定の運用シミュレーション
  • こだわり変額保険のデメリット
  • こだわり変額保険の特徴やメリット
  • こだわり変額保険の口コミや評判
  • ソニー生命のバリアブルライフとの比較

以上を紹介していきます。

この記事を読めば変額保険の仕組みからこだわり変額保険のメリットとデメリット、評判・口コミ、他商品と比べて有用なのかについて理解することが可能です。

是非ご覧ください。

こだわり変額保険の保障内容を解説!変額保険の仕組み

マニュライフ生命が販売するこだわり変額保険は、保険期間が定まっている有期型の変額保険で、保険期間満了時に満期保険金を受け取ることができます。

まずはこだわり変額保険の基本情報について見ていきましょう。

  • 基本情報は以下の通りです。
保障内容 死亡保障
契約指定通貨 日本円
告知 あり
契約者貸付 あり
契約年齢範囲 15歳~70歳
保険金額 120万円~7億円
保険料支払期間 10年から55年(契約年齢によって異なる)
保険料支払方法 月払

そもそも変額保険とは、払込保険料の内、手数料を差し引いた積立分を特別勘定として運用していく保険です。

特別勘定は国内株式や国債、世界株式などで構成されており、投資信託投資信託と同じ感覚で投資対象を選択することができます。

リスク分散などを考え、10~15年程度の長期運用を行うことが多いです

こだわり変額保険は、保険期間が決まっている有期型の変額保険としては比較的スタンダードものに近い形式をしています。

ただし、特約を附帯することによって、契約から10年経過後から目標額に到達しているかを保険会社側で毎営業日判定し、目標達成していた場合には有期型の変額保険から災害死亡保障付きの終身保険に切り替えることが可能です。

終身保険に切り替わることで、そのまま一生涯保障を受け続けるか、好きなタイミングで解約返戻金を受け取るかの選択ができます。

また、詳しくは後述しますが、積立金のスイッチングや特別勘定の繰入割合の設定についての自由度が高いのも特徴です。

  • 次に保障内容についてお話ししていきます。

こだわり変額保険では、以下のような保障内容となっています。

保険金 受取額 支払事由 受取人
死亡保険金
次のいずれか金額の大きい方
(1)積立金の合計金額
(2)基本保険金金額
死亡したとき 死亡保険金受取人
高度障害保険金 所定の高度障害に該当したとき 被保険者
満期保険金 積立金の合計額 保険期間満了時に被保険者が生存しているとき 被保険者満期保険金受取人

変額保険の特徴として挙げられるのが、満期保険金や契約返戻金、積立金に対する元本保証はないが、死亡保障には元本保証があるということです。

それはこだわり変額保険でも例外ではなく、もし運用実績が芳しくなくても、万一の際には契約時に設定した基本保険金を受け取ることができます。

  • 最後にこだわり変額保険の特約について紹介します。

こだわり変額保険に附帯することができる特約は、以下の通りです。

ターゲット特約 契約から10年経過後、毎営業日に目標額の到達状況を判定し、目標額に到達した時点での運用資産のまま、災害保障付終身保険へ自動的に移行する特約
年金特約 保険金を確定年金(5年または10年)で受け取れる特約
指定代理請求特約 保険金などを被保険者自身が請求できない所定の事情がある場合、あらかじめ指定した指定代理請求人が保険金などを請求できる特約

やはり先述した通り、契約から10年経過後、目標額に到達した段階で災害保障付終身保険への切り替わるターゲット特約が最大の特徴といえるでしょう。

目標額は保険期間が20年以下の場合は125~150%、21年以上なら115~150%の中から、5%刻みで選択することができます。

10年以上運用する必要があるため、長期での運用が前提となりますが、変額保険は運用リスクを分散するために長期で運用することが多いため、大きなデメリットにはならないでしょう。

増やしたい金額が決まっている場合は、ターゲット特約を附帯することで取りはぐれることなく運用することが可能です。

こだわり変額保険の特別勘定の運用実績をシミュレーション

こだわり変額保険の基本的な情報が分かったところで、実際に特別勘定を運用していくとどうなるのかを、ユニット価格騰落率から分析してみましょう。

こだわり変額保険の2019/9/30時点での各特別勘定の騰落率は以下の通りです。

特別勘定名
ユニット価格
騰落率
設定日
直近1ヶ⽉ 直近3ヶ⽉ 直近6ヶ⽉ 1年 3年 設定来
グローバル・バランス75 172.3319 1.80% 1.64% 3.77% 0.85% 22.37% 72.33% 2012/12/8
グローバル・バランス50 150.6688 0.83% 1.68% 3.86% 3.27% 15.46% 50.67% 2012/12/8
⽇本債券型 112.0434 -1.01% 0.32% 1.12% 3.55% 1.39% 12.04% 2012/12/8
世界株式アクティブⅠ型 101.372 -0.40% 1.37% 2019/8/8
外国株式インデックスⅠ型 101.0789 0.00% 1.08% 2019/8/8
世界バランスⅡ型 98.5278 0.58% -2.49% 2019/8/8
⽶国債券型 102.2866 -2.49% -1.47% 2019/8/8

設定日に違いがあるので一概に分析材料として見るのは難しいですが、設定日が2012/12/8の特別勘定の中ではグローバル・バランス75が、設定日が2019/8/8の特別勘定では世界株式アクティブⅠ型の騰落率が良いことが分かります。

全体的に見ても、世界株式が含まれている特別勘定が好成績を残していることが分かるでしょう

平均利回り10%以上!?世界株式型を100%にする理由とは

変額保険の特別勘定は様々用意されていますが、その中でも世界株式の割合を多くすることをおすすめします。

というのも、世界株式は各保険会社の変額保険における特別勘定の騰落率を見てみても、全体的に好成績を収めているためです。

利回りが10%を超える場合も多く、20年間の実績を見てみると、リーマンショックによる公共も乗り超えています。

こだわり変額保険でも例外ではないため、特別勘定を選択する際には、世界株式アクティブⅠ型の比率を大きく、運用方針によっては100%にしても良いでしょう。

7つの特別勘定を組み替え、構成割合の変更が可能

こだわり変額保険では、12回までは手数料無料で積立金のスイッチングをすることが可能です。

また、繰入割合を1%単位で指定できることから、自由度の高い運用をすることができます

こだわり変額保険で選択できる特別勘定は以下の7種類です。

  • 世界株式アクティブⅠ型
  • 外国株式インデックスⅠ型
  • 世界バランスⅡ型
  • グローバル・バランス75
  • グローバル・バランス50
  • 米国債券型
  • 日本債券型

上記の特別勘定の過去の実績から利回りやリスクを考えつつ、自分に合ったポートフォリオを作成していきましょう。

こだわり変額保険のデメリットとは?元本割れのリスク

こだわり変額保険はハイリターンを得ることができる可能性がある分、元本割れのリスクを始めとしたデメリットが存在します。

ここからは、こだわり変額保険のデメリットについて紹介していきます。

こだわり変額保険の主なデメリットは、以下の2つです。

  • 予定利率が設定されていない
  • 短期の運用では元本割れのリスクが高い

それぞれ見ていきましょう。

予定利率は保険料全てに適用されるわけではない?実質利回りの考え方を解説

変額保険全体のデメリットとして挙げられるのが、予定利率が存在しないということになります。

予定利率とは、簡単に言うと保険会社が保障する運用利回りのことです。

一般的な保険は一般勘定というもので運用されています。

一般勘定は運用リスクが少ない国債などで運用することになるため、一般的な保険では契約時に予定利率を定め、運用実績に関わらず一定の利回りを保障してくれるのです。

対して変額保険は特別勘定で運用することになります。

特別勘定は運用先を自分で選ぶので、設定した繰入割合による利率やリスクの変化が激しいです。

保険会社としてはリスクが想定できないため、予定利率を設定すると想像以上の損失を被る可能性があります。

それを防ぐため、変額保険では予定利率が設定されていないのです。

予定利率が設定されていないことから、こだわり変額保険をはじめとした変額保険では一定利率で積立金が増えることがなく、運用実績によっては損失を被ることになります。

また、利回りには実質利回りという考え方があります。

これは、単純な利息分から為替手数料や税金などの費用を差し引いたもので、要は実際に手に入る利息分のことです。

変額保険では予定利率が設定されていないので、利率によっては実質利回りがマイナスになる可能性があります。

注意が必要なのが、利率が運用の結果、年利が0%の時です。

年利が0%の場合、積立金に変化がないと考えてしまいがちですが、実際は各種手数料が差し引かれるため、実質利回りがマイナスになってしまいます。

実質利回りをプラスにするのであれば、一定以上の利率が必要であるということを頭に入れていきましょう。

早期解約・中途解約は解約控除による元本割れの危険性大!

変額保険は基本的に、保険料払込期間が満了するまでに解約すると、元本割れを起こす可能性があります。

何故なら、満了前の解約では解約控除が適用されているためです。

解約控除が適用されると、控除額分が解約返戻金から差し引かれてしまいます。

こだわり変額保険では10年以内の解約で解約控除が適用されるので注意しましょう。

こだわり変額保険のメリットとは?運用成果で大きく資産増

ここでは、こだわり変額保険のメリットを紹介します。

こだわり変額保険が持つ他の変額保険にないメリットとして挙げられるのが、ターゲット特約による目標額の自動確保でしょう。

その他、保険料の最低金額や割安なこともあり、若いころから少しずつ積み立て、長期で運用したい人に適した保険といえるでしょう。

ターゲット機能により運用成果を自動確保してくれる

こだわり変額保険の最大の特徴といえるのが、何度か先述しているターゲット特約による目標金額のターゲット機能です。

ターゲット特約を付けると、契約から10年以降、運用資産が設定した目標額に到達した場合、その時点での金額のまま、災害保障付終身保険に移行します。

つまり、目標額に到達した段階で投資信託のような資産運用商品から、安全な積立型の保険に変化するということです。

ターゲット機能が適用される頃には、解約返戻金に解約控除がかからなくなっているので、好きなタイミングに運用したお金を受け取ることができます。

目標額は5%刻みで選択が可能で、保険期間が20年以下の場合は125~150%、21年以上なら115~150%の中で設定することが可能です。

もちろんそのまま死亡保険として契約したままにすることもできます。

契約を残す場合は、万一のことがあっても資産運用で増えた金額と同じ金額を保険金として受け取ることが可能です。

また、終身保険への移行後も一般的な終身保険と同じく、予定利率に応じて解約返戻金が増え続けます。

よって、少しづつではありますが、移行後も資産を増やし続けることが可能です。

保険料は5,000円から!老後資金をコツコツ積み立てよう

こだわり変額保険は、月々の保険料が割安なのも特徴です。

月当たり5,000円から加入することができるため、長期運用の資産運用の中では気軽に始められます。

そもそも変額保険は、リスクを考慮して保険料が一般的な保険と比べて割安です。

先述したように、死亡保険金については最低保証がある関係上、元本割れの心配がありません。

つまり、死亡保険金のみに注目すれば、割安な保険として活用することができるのです。

死亡保障を主目的についでで資産運用をしたいというようなスタンスなのであれば、必要な基本保険金額から積み立てる保険料を考えても良いでしょう。

生命保険は節税対策と相性が良い!年末調整・確定申告や相続税非課税枠を活用

生命保険料を支払っていると、年末調整や確定申告の際に税金控除を受けることが可能です。

控除されるのは所得税と住民税で、生命保険料控除制度という制度により、所得税は最大4万円、住民税は最大28,000円が控除されます。

投資信託では上記のような税金控除がないため、変額保険特有のメリットであるといえるでしょう。

また、生命保険は相続税対策にも活用できます。

基本的に、死亡保険の保険金は「みなし相続財産」として扱われ、相続税の課税対象です。

しかし、死亡保険金は相続する人の生活を守るために必要なお金であるため、相続税の非課税枠が設けられています。

死亡保険金の非課税枠は「500万円×法定相続人数」で算出することが可能です。

つまり、保険の契約者に妻と子供1人がいた場合、法定相続人は2人なので、1,000万円の非課税枠が適用されます。

相続財産の金額が相続税の基礎控除を超えている場合は、財産の一部を利用して生命保険に契約することで、非課税枠を有効に活用することが可能です。

こだわり変額保険は資産分散をしたい方におすすめ

こだわり変額保険は先述の通り、投資信託のようなポートフォリオを組むことが可能です。

結果、世界株式に多めに投資しつつ国内の債券でリスクに備えるというような分散投資をすることができます。

12回までは手数料無料で積立金のスイッチングができることや、繰入割合を1%単位で指定できることから、自身の裁量で細かく分散投資をしたい場合に有用な保険であるといえるでしょう。

こだわり変額保険の口コミや評判は?みんなの意見をご紹介

準備中

マニュライフ生命のこだわり変額保険とソニー生命のバリアブルライフを比較

ソニー生命のバリアブルライフは分散投資がしやすい変額保険として、こだわり変額保険と似た性質を持っています。

まず、類似点としては挙げられるのが、12回までは手数料無料で積立金のスイッチングができることです。

状況に応じて気軽にポートフォリオを変更できるため、自身の裁量による分散投資をしたいのではあれば、双方ともに選択肢に入ります。

その上で大きな違いがあるのが、バリアブルライフは年2回まで運用益を引き出すことができるという点です。

バリアブルライフでは、資産運用重視のオプションAと保障重視のオプションBという2つのプランを選ぶことができます。

そのうちオプションAを選んだ場合、運用が好調であれば、増えた分の運用資産を減額し、その分を運用絵駅として受け取ることができるのです。

臨時収入として活用するほか、引き出したお金を別の資産運用に回すことなども考えられるため、より多面的な分散投資に優れているといえます。

その分バリアブルライフにはターゲット機能が存在しません。

以上より、目標金額を確実に確保したならこだわり変額保険を、少しづつ運用益を確保したい場合はバリアブルライフを選択すると良いでしょう。

投資信託と何が違うの?徹底比較検証

こだわり変額保険はここまででも話題に挙げているように、投資信託と比較されることが多いです。

では、投資信託とは具体的にどこが違うのでしょうか。

資産運用に限って比較すると、こだわり変額保険は先述した生命保険控除制度や相続税の非課税枠が活用可能なことから、税金面で有利です。

投資信託の場合、NISAを利用すれば年間120万円までの運用益を非課税にすることができますが、非課税期間が5年間であることや、途中売却した場合はその金額分の非課税枠が利用できないことから、税金対策としては扱いづらくなっています。

逆に手数料を比較してみると投資信託の方が割安で、積立金の中で資産運用に回せる金額が多くなっています。

しかし、その分こだわり変額保険には死亡保障があるため、一概に有利な点とは言いづらいです。

上記の税金控除のことも考慮しつつ、どちらで資産運用するか検討してみると良いでしょう。

参考:学資保険の代わりになる?投資性商品で教育費の運用はどうなの?

学資保険は子供の教育費を積み立てる手段として有名ですが、最近ではマイナス金利政策の影響もあり、利率がかなり低くなっています。

積立金を大きく増やしたいのであれば、こだわり変額保険のような投資性商品を選択に入ってくるでしょう。

しかし、教育費は将来において必要な金額が確保できていないと困る商品です。

いくらターゲット機能があるとはいえ、教育費が必要なタイミングにおける運用実績が芳しくなく、積立金が必要な金額に達していないと本末転倒となってしまいます。

子供の教育費を始めとした「その時にないと困る」を積み立てるのであれば、まだリスクの少ない低解約型返戻金型終身保険などの保険期間を調整して活用した方が安全といえるでしょう。

参考:外貨建て保健なら外貨ベースで元本保証!利回りも円建てと比較して高水準

変額保険と並んで資産運用型の保険として話題に上がるのが、外貨建ての保険です。

外貨建て保険は、積み立てた保険料を外貨で運用することで、日本より高い予定利率で運用する保険になります。

従来の円建て保険は先述したようにマイナス金利政策の影響で低利率になってしまっており、利回りを考えると資産運用として優れているとは言い難い状況です。

外貨建て保険であれば、高水準の予定利率で運用が可能なので、資産運用の手段として注目を集めています。

しかし、為替レートの変動にリスクが存在するため、ノーリスクな保険とはいえません。

とはいえ長期で運用するのであれば、保険料払込の際に生じる「為替差による損益」が均されるため、為替リスクは分散されます。

また、ドルコスト平均法で保険料を支払っていれば、保険料払込の際に為替の影響を受けなくなるので、より少ないリスクで運用することが可能です。

変額保険と併せて、資産運用の手段として検討してみると良いでしょう。

まとめ:マニュライフ生命のこだわり変額保険を資産形成に活用しよう

マニュライフ生命のこだわり変額保険について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

こだわり変額保険の特徴は、

  • 保険期間の定まっている有期型の変額保険である
  • 保険料の一部を特別勘定として運用し、運用実績によって保険金等が変動する
  • 死亡保険金には最低保証があり、元本割れしない
  • ターゲット特約を使えば目標額に達成した時点で一般勘定の終身保険に移行できる
  • 12回までは無料で積立金のスイッチングできる

でした。

特に契約10年後に目標金額に到達すれば、自動的に一般勘定の終身保険に切り替わり、積立金の自動確保ができるターゲット特約が最大の特徴です。

加えて、12回までは無料で積立金のスイッチングできることから、自身の裁量で投資先をコントロールしたい人に適した保険といえます。

対して、デメリットとしては特別勘定の運用実績が芳しくない場合に発生する元本割れのリスクがあることと、10年以内の解約の場合、解約返戻金から解約控除分が差し引かれてしまうということでしょう。

以上の事から、こだわり変額保険は長期で分散投資をしつつ資産運用をしたい場合や、あらかじめ資産運用の目標金額が決まっている人に適した保険といえます。

こだわり変額保険での加入を考えているのであれば、当記事の内容を考慮しつつ、自身に合った保険かどうかをしっかりと吟味しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*