[評判/口コミ]第一フロンティア生命のプレミアレシーブ(外貨建)をデメリットまで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一フロンティア生命のプレミアレシーブ(外貨建)の保障内容やデメリット、口コミ

第一フロンティア生命は、一時払の貯蓄型・運用型商品を多く取り扱っている国内の生命保険会社です。

そんな第一フロンティア生命の「プレミアレシーブ(外貨建)」は、契約期間中(終身)に渡り定期支払金が受け取れるという、珍しい特徴を持つ外貨建て保険となっています。

外貨で資金を確保しつつ毎年一定額が受け取れるので、長期契約がしやすく人気の保険です。

しかし外貨建て保険は仕組みが複雑なことや、「外貨」や「投資」など普段馴染みのない言葉が出てくることから、敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • プレミアレシーブ(外貨建)の保障内容や特約について
  • プレミアレシーブ(外貨建)を契約した場合のリスクやデメリット
  • プレミアレシーブ(外貨建)を契約することで得られるメリット
  • プレミアレシーブ(外貨建)の口コミ・評判
  • プレミアレシーブ(外貨建)をジブラルタ生命「どるフィン」や他の資産運用等と比較

以上について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」の基本情報やメリット・デメリット、また外貨建て保険についての概要がわかるので、資産運用や保険選びの参考にしていただけるかと思います。

※プレミアレシーブには円建てタイプもありますが、ここでは外貨建てタイプに焦点を当ててご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

プレミアレシーブ(外貨建)の保障内容を解説!生命保険の特約内容は?

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」は、米ドルまたは豪ドルで資産を運用し、終身に渡り毎年一回「定期支払金」が受け取れる外貨建て保険です。

定期支払金が一生涯受け取れる代わりに、元本が増えないことが最大の特徴となっています。

まずは、そんな第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」の基本情報を確認しましょう。

保障内容 死亡
契約指定通貨 米ドル・豪ドル・ユーロ

(ユーロは現在販売停止中)

契約年齢範囲 0歳~85歳
受け取り方法 定期支払金:毎年1回(終身)

死亡保険金:一時金または年金

保険料払込期間・方法 一時払いのみ
最低保険料 日本円:300万円

米ドル・豪ドル:3万ドル

保険料を円で払う場合の為替手数料 50銭
保険金等を円で受け取る場合の為替手数料 50銭
契約者貸付 無し
告知 不要

プレミアレシーブ(外貨建)の最も大きな特徴は、

「契約成立の1年後~生涯に渡り、毎年1回ずつ定期支払金が受け取れる」

ということです。

例えば30歳で契約し保険料を払い込んでしまえば、その後は亡くなるまで一生お金が受け取れることになります。

(※契約時の年齢が若いほど、契約にかかる費用がは多くなります)

一気にまとめて保険金を受け取るのではなく、年に1回ボーナスが出るようなイメージですね。

定期支払金の積立利率保障期間は10年で、10年ごとに受け取る金額が変わります。

また死亡保険金は、払い込んだ保険料相当額が外貨建てで最低保障されています。

以上から「家族に資産を残しつつ、定期的にお金を受け取りたい」という方には、特におすすめしたい保険です。

続いて、定期支払金額と死亡保険金額の具体的なシミュレーションをしていきます。

<契約例>一時払い保険料:10万米ドル・契約時の定期支払い率2.0%

  • 定期支払金額2,000米ドル/年
  • 死亡保険金額10万1,000米ドル(契約から8年6ヶ月時点)

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」は元本を大きく増やすという目的ではないので、死亡保険金については元本と同額か少し上回る程度です。

こちらの保険では定期支払金を多くの回数受け取ることにより、多くの利益を得られるようになっています。

また、第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」に付加できる特約には以下のものがあります。

特約名 内容
円貨支払特約 死亡保険金・解約返戻金を円貨で受けとることができる

(保険金等請求時に付加)

定期支払金の円貨支払特約 定期支払金を円貨で受けとることができる
年金支払移行特約 解約返戻金額を年金原資として、年金形式で受けとることができる

(3年/5年/10年の確定年金)

死亡給付金等の年金払特約 死亡保険金を年金形式で受けとることができる

実はプレミアレシーブ(外貨建)にはデメリットが!?元本割れのリスクとは

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」を契約する際には、「元本割れ」など外貨建て保険特有のデメリットをしっかり理解しておくことがとても大切です。

どんなに魅力的な保険にも必ずメリット・デメリットがあるので、それらをきちんと確認することにより契約後のトラブルを未然に防ぐことができます。

そのため、まずは必ず押さえておきたいデメリットについて詳しく解説します。

積立利率は保険料全てに適用されるわけではない?実質利回りの考え方を解説

外貨建て保険と円建て保険の大きく違う点は、資産を運用する際の利率の高さです。

ただしパンフレット等に記載のある「利率」は、払い込んだ保険料の全額にかかるわけではないので、注意が必要です。

契約時に払い込んだ保険料からは、まず初めに手数料・契約時費用などが引かれてしまいます。

そして残りの金額に対してのみ利率が適用されるので、保険料全額×利率とはならないのです。

また実際に1年間運用して得られた利益率のことを「実質利回り」といいます。

保険商品の検討をされる時には「利率」「実質利回り」それぞれについて、その意味や違いを理解しておかなければなりません。

ドル建て保険には為替リスクがつきもの!為替レート変動の危険性とは

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」を含む外貨建て保険を契約する上で避けられないリスクが、「為替レートの変動による資産価値の変動」です。

米ドル・豪ドルのような外貨で資産運用する場合、為替レートが変動すると同時に、外貨と円貨の価値関係が変わっていきます。

つまり、資産を動かすタイミングが円高か円安かによって、得することも損することもあるのです。

基本的には円高時に保険料を払い込み、円安時に保険金等を受け取るのが賢い外貨運用とされています。

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」の場合、契約時期は自分で選ぶことができるのですが、定期支払金を受け取るタイミングは選ぶことができません。

ただし「定期支払金をどの通貨で受け取るか」は選択できるので、受け取りが円高時期になる場合は外貨のまま受け取り、後に円安のタイミングで日本円に換算するのが良いでしょう。

中途解約は元本割れの危険性あり!解約返戻金が市場価格調整で減額!

外貨建て保険は契約した段階で、払い込んだ保険料から多額の手数料が引かれてしまいます。

そのため十分に契約を継続しないと、利益がないどころか元も取れないという「元本割れ」の危険性が大いにあります。

さらに、プレミアレシーブ(外貨建)を含む他の保険商品には「市場価格調整」というシステムが採用されており、これは保険解約時に売却する債券の市場価値によって、解約返戻金の金額が変わるというものです。

つまりタイミングが悪ければ、思ったよりお金が戻ってこないという結果になってしまいます。

このように、外貨建て保険の中途解約にはデメリットがとても大きいので、元本割れを防ぐためにも絶対に避けましょう。

プレミアレシーブ(外貨建)のメリットとは?外貨ベースでは大きく資産増

外貨建て保険のデメリットを見ていくと、やっぱり契約は不安だと感じられたかもしれません。

しかし、デメリットをしっかり理解した上で有効に活用すれば、外貨建て保険は非常に魅力的な商品です。

ここからは、第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」の大きなメリットをお伝えします。

高金利な外貨で一時払保険料を運用!積立利率推移のシミュレーションと利回りの良さは?

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」では、契約時に払い込んだ保険料を米ドルまたは豪ドル(ユーロは停止中)に替えて、外貨で運用します。

また運用にあたって適用される「積立利率」は契約時に固定され、その後は10年ごとに更新されていきます。

この積立利率は15日毎に細かく推移するので、同じ保険でも契約や更新のタイミングによって、適用される利率が変わることになります。

<参考>過去5回の積立利率の推移(%) ※新しい順

  • 米ドル:1.95/1.84/1.84/2.15/2.17 (5年前:1.92前後)
  • 豪ドル:1.26/1.10/1.10/1.35/1.42 (5年前:3.10前後)

現在は米ドルが優位ですが、どちらも5年前とは大きく利率が変化しています。

積立利率は最新のものが第一フロンティア生命のHPに記載してあるので、契約を検討されるときには是非参考にしてみてください。

ちなみに国内で運用した場合(円建てタイプ)の積立利率は、ここ最近ずっと「0.2%」と非常に低い数字です。

外貨での運用がいかに効率的であるか、とてもよく分かります。

積立利率保証期間(10年)は金利が固定される!解約返戻金が予測しやすい

先ほどご紹介した積立利率は10年間固定されるため、その間は定期支払金額も固定されます。

毎年受け取るお金が分かっているので、資金計画などが立てやすく便利ですね

また積立利率がわかることにより、解約した場合に受け取る解約返戻金額のおおよその予測ができるようになっています。

中途解約する場合には、先ほどご紹介した市場価格調整が入る関係により

  • 積立利率が「契約時>解約時」なら解約返戻金が「増加」する
  • 積立利率が「契約時≦解約時」なら解約返戻金が「減少」する

という法則があります。

早期解約はお勧めできませんが、もし解約したいなら必ず積立利率の確認をして、解約のタイミングを決めましょう。

定期支払金の受取りでは外貨と円貨を指定できるので為替リスクの回避が可能

毎年1回ずつ受け取る定期支払金は、「定期支払金の円貨支払特約」を付加することで、日本円で受け取ることができます。

そしてこの特約は契約中に何回でも付加・解約ができるので、毎年の受取日には為替レートをチェックし、

  • 円安のとき:日本円で受け取る(特約あり)
  • 円高のとき:指定外貨で受け取り、のち円安時に日本円へ両替する(特約なし)

このようにすれば為替リスクを回避でき、より多くの資産を受け取ることが可能です。

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」を契約する際には、この特約のメリットを理解して、上手に活用していきましょう。

積立利率の更改時に利率の高い運用通貨へのスイッチが可能

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」の積立利率は10年ごとに更新され、それに合わせて毎年受け取る定期支払金の額も新しく変わります。

また改定のタイミングでは、資産を運用する通貨の種類(米ドル・豪ドル)を変更することができるので、改定時の利率がより有利な方へ乗り換えるのがおすすめです。

契約から10年も経過していると有利な通貨が入れ替わっている場合も多いので、このサービスはとても魅力があります。

契約途中での通貨の乗り換え不可な外貨建て保険が多い中、「プレミアレシーブ(外貨建)」はより契約者目線に立った内容の保険だと言えます。

第一フロンティア生命が破綻しても生命保険契約者保護機構が契約を保護してくれる

メリットが大きい「プレミアレシーブ(外貨建)」ですが、もし契約中に第一フロンティア生命が経営破綻した場合の対処についても知っておくと安心です。

まず、すべての生命保険契約は「生命保険契約者保護機構」によって守られています。

「生命保険契約者保護機構」は保険会社に万が一の事態が起きた場合に契約者を保護する目的でつくられており、国内で運営している全ての生命保険会社がこれに加入しています。

具体的には、ある生命保険会社が経営破綻して契約を存続できなくなったとき、契約や払い込んだ資産については

  1. 「救済保険会社」が現れ、代わりに契約や資産を引き継ぐ
  2. 救済保険会社が現れなかった場合、「承継保険会社(保護機構設立の会社)」または「保護機構」が契約や資産を引き継ぐ

このどちらかの処置が取られることになっています。

保険契約は万が一の場合にもしっかり備えているので、契約や資産が消滅することはまずありません。

ただし、場合によっては積立部分である責任準備金の額が減ってしまうケースもあり、完全に守られているわけではないので、破綻しいないことが一番です。

第一フロンティア生命などの生命保険会社は経営に十分気を配っており、公式HP等では会社の経営状況について解説されているので、契約の前にはぜひ一度目を通してみてください。

プレミアレシーブ(外貨建)は資産分散をしたい方におすすめ

世界経済により大きく資産価値が変動している現代では、大切な資産を分散して管理したいと考える人が増えてきています。

資産分散しておけば、万が一何かあったときに一部の資産を守れる可能性が高くなるからです。

資産を分散する方法として代表的なものには、

  1. 通貨と通貨以外(金など資産価値のあるもの)に分ける
  2. 預貯金と投資性資産(株式など資産価値が変動するもの)に分ける
  3. 日本円と外貨に分ける

などがあります。

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」などの外貨建て保険は、このうち2つの資産分散方法が同時にできる方法です。

そのため外貨建て保険は「身体に対する保障が付いた有効な投資性商品」として注目されています。

プレミアレシーブ(外貨建)の口コミや評判は?みんなの意見をご紹介

プレミアレシーブ(外貨建)のメリットは理解できても、本当にいい保険なのかまだ疑問が残る方は多いことでしょう。

そこで、ご検討中の方が一番気になる、実際の加入者の口コミ・評判をいくつかまとめてみました。

プレミアレシーブ(外貨建)の運用例、具体例に触れることで今後の資産運用のイメージを固めていきましょう。

実際の口コミや評判を紹介していきます。

第一フロンティア生命のプレミアレシーブ(外貨建)の評判・口コミの評価①

1つ目は第一フロンティア生命の外貨建て保険「プレミアレシーブ(外貨建)」についての口コミをいただいた兵庫県のK・Tさん(59歳)の評価です。
定期支払金の通貨を選択できたり、更新の時に積立通貨を変更できたりと自由度が高いということや、為替変動のリスクにも対応できているということで非常に満足しています。外貨建てで最低金額の保障が全くないというのは不安でしたが、この保険では死亡保険金は保険料に相当する額が外貨建てで保障されているので、もしもの時でも家族に残せて安心です。

その時の為替相場の状況を見ながらよりお得な通貨を選択できるというのはこの保険に加入するメリットだといえるでしょう。また、家族に残す死亡保険だからこそ外貨での最低保証がついているのは安心ですよね。口コミ提供ありがとうございました。

第一フロンティア生命のプレミアレシーブ(外貨建)の評判・口コミの評価②

2つ目の第一フロンティア生命の外貨建て保険「プレミアレシーブ(外貨建)」の口コミは三重県のS・Tさん(54歳)の評価です。

自分で年金のように定期的に受け取りたいけれど、自分に万が一のことがあったら家族にも残したい。でも複数の保険に入るのは契約の手間や保険料のことを考えるとあまりしたくないという欲張りな要望が叶いました。老後は夫婦で旅行や趣味にお金を使いたいと妻と話していたので自分で受け取れて、かつ家族にも残せるので気に入っています。毎年支払金が口座に振り込まれる度に契約して良かったと感じています。

自分で「受け取りたい」と家族に「残したい」という二つのニーズに一度に応えてくれるのがこのプレミアレシーブの特徴です。定期支払金は被保険者が生存している限り、一生涯に渡って受け取ることができるというのも嬉しいポイントですね。口コミ提供ありがとうございました。

第一フロンティア生命のプレミアレシーブ(外貨建)の評判・口コミの評価③

3つ目の第一フロンティア生命の外貨建て保険「プレミアレシーブ(外貨建)」の口コミは静岡県のM・Mさん(44歳)の評価です。

高金利の外貨で積み立ててくれているので効率良く運用できますね。何よりよほどのインフレなどが起こらない限り損はしないので、積立利率が10年間固定・保障されているので安心感が非常に大きいです。また、定期支払金も10年間金額が固定されているので、支出との兼ね合いも見えやすく、計画が立てやすいので助かっています。

資産の運用をする上で運用成果の見通しが立ちやすい方が家計にとっては嬉しいですよね。外貨で運用しているので利回りが良い上に、積立利率と支払金の額が10年間固定されているのがプレミアレシーブの大きなメリットです。口コミ提供ありがとうございました。

第一フロンティア生命のプレミアレシーブ(外貨建)とジブラルタ生命のどるフィンを比較

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」と同様に生存給付金が受け取れる外貨建て保険に、ジブラルタ生命の「どるフィン」があります。

内容が似ていて比較されることが多いため、双方の異なる点を一覧にしました。

保険商品選びの参考に、ぜひご覧ください。

プレミアレシーブ(外貨建)

どるフィン

指定通貨

米ドル/豪ドル/ユーロ(販売停止中)

米ドル/豪ドル

指定通貨の途中変更

可能(積立利率更新時)

不可

保険料払込期間

一括

15年

保険料支払免除

なし

あり

※事故での身体障害に限る

生存給付金を受け取るタイミング(回数)

1年ごと(制限なし)

3年ごと(5回)

生存給付金の据え置き

不可

可能

生存給付金額

保険料×定期支払率(10年ごとに更新)

1回目~4回目:死亡保険金額の3%

5回目:死亡保険金額の10%

表を見ると、双方にはそれぞれ特徴があることがわかります。

ジブラルタ生命「どるフィン」は保険料をはじめに一括で払い込む必要がないので、初期費用を抑えることができます。

また将来受け取る予定の生存給付金額があらかじめ決まっており、将来の具体的な計画が立てやすいのもメリットです。

計画的に大きな額の生存給付金を受け取りたいなら、こちらをおすすめします

一方まとめて投資したい資産があり、生涯にわたって少しずつ給付金を受け取りたい方には、第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」のほうが適しています

外貨預金や投資信託とも比較検討しよう

外貨建て保険は投資性の商品なので、契約される方のほとんどが資産運用を目的としています。

資産運用方法には他にもありますが、「外貨預金」や「投資信託」が特に人気です。

ここでは外貨建て保険とこれらの方法を比較し、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

<外貨預金>

外貨預金は、銀行に日本円で預けている資産を、外貨に換えて預金する方法です。

外貨は日本円よりも圧倒的に高い利息が付き、いつでも好きな時に預け入れや引き出しができるので、非常に人気があります。

また初期投資も外貨建て保険に比べて圧倒的に少ないので、気軽に始められるのもメリットです。

しかし外貨預金の特徴として「自分の判断で資産を管理する」というものがあります。

つまり資産を動かすにはまず為替の状況を確認する必要があり、外貨を扱うための最低限の知識を身につけておくことが大切です。

そのため全くの投資初心者には、少しハードルが高い方法だと言えます。

<投資信託>

投資信託とは、複数の投資家の資産をひとつにまとめ、運用のプロ(ファンドマネージャー)が代わりに運用してくれるという方法です。

外貨預金と違い、投資に対する知識がない方でも安心して始めることができます。

またワンコインから始められるものも多く、毎月の給料から少しずつ投資に回すのもおすすめです。

デメリットとしては、手数料が比較的割高なことです。

難しい知識を必要としない分、費用が余計にかかることを覚えておきましょう。

参考:学資保険の代わりになる?投資性商品で教育費の運用は慎重に検討しよう

マイナス金利政策から、国内の学資保険はあまり資産増加が見込めない商品になってしまいました。

そこで近年では、魅力的な代替商品である「学資保険にも使える外貨建て保険」に注目が集まっています。

これはしっかり利益が見込めて、まとまった教育費が必要な時期には「生存給付金」が受け取れるという保障内容のものです。

しかし子供の教育費は、将来確実に決まった額を決まった時期に受け取る必要があるため、ハイリスク・ハイリターンの外貨建て保険はあまりお勧めできません。

その大きな理由は2つあり、ひとつは「受け取る額が日本円で確定していない」ということです。

教育費の支払いは日本円で行うことがほとんどなので、外貨でしか保障されていない場合は不安が残ります。

もうひとつは「万が一中途解約した場合の元本割れリスクが大きい」ということです。

以上のことから、外貨建て保険を学資保険の代わりに利用したい場合は、保障内容をよく確認し、極力リスクの少ない保険を選んでみてください。

参考:投資性商品は資産の1/3程度に収めるのがちょうどいい

外貨建て保険などを利用して投資を始めたいなら「何に投資するか」より、まずは「全資産のうちいくらを投資に回すか」について検討するのがおすすめです。

投資する金額をあらかじめ決めることで、より最適な投資先を決めることができます。

投資金額を決めるのに便利なひとつの方法として、こちらでは「資産三分法」をご紹介します。

これは現在お持ちの全資産を、使い道別に

  1. 流動性資金(いざという時にすぐ使うためのお金)
  2. 使用予定資金(あらかじめ使用予定が決まっているお金)
  3. 利殖性資金(今のところ使い道のないお金)

の3グループに分けて管理する方法です。

このうち3番目にある「利殖性資金」は万が一失った場合でも日常生活へのダメージが少ないので、リスクのある投資にも適しています。

また投資する金額は、全体の1/3までに抑えるのが賢い方法だと言われています。

投資しすぎて後悔しないよう、金額については慎重に決めるようにしましょう。

まとめ:第一フロンティア生命のプレミアレシーブ(外貨建)は相続対策と老後の生活資金の準備に活用!

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」について詳しく解説しましたが、いかがでしたか?

この記事のポイントは、

  • 第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」は契約中、生涯にわたり生存給付金が受け取れる外貨建て終身保険
  • 第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」には外貨建て保険ならではのリスクがあり、契約前に必ず確認・理解することが重要
  • 第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」は魅力的な利率のほか、為替リスクを軽減できる仕組みが満載
  • 第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」や他の投資性商品にはそれぞれ良い点と悪い点があるので、じっくり検討してから始めるのがおすすめ

以上のことでした。

第一フロンティア生命「プレミアレシーブ(外貨建)」は外貨建て保険ですが、大きく資産を増やすよりも、亡くなるまでずっと生存給付金を受け取りたい方のための保険です。

ご家族にまとまった資産を残しつつ、老後資金も準備にも活用できます。

この保険は契約期間が長いほど大きいメリットが得られるのが大きな特徴なので、中途解約しないよう注意することがとても重要です。

生存給付金を受け取れる外貨建て保険は他にもいくつかあるので、なるべく多くの商品と比較し、ご自身にぴったりの保険を見つけてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*