[評判/口コミ]第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2をデメリットまで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2の保障内容やメリット・デメリット、口コミ

第一フロンティア生命の「プレミアジャンプ2」は、資産の大部分を定額で、また一部を変額で運用するという特徴を持つ外貨建て一時払い終身保険です。

こちらは現在新規契約の取り扱いを中止していますが、今後再開される場合もあるので、こちらでご紹介します。

この保険は外貨建て保険であることに加えて定額保険でもあるので、内容が難しくなっており、他の保険とどう違うか分かりづらいのが難点です。

そこでこの記事では、

  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」の基本的な内容・仕組みや特約について
  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」を契約する前に知りたいデメリット
  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」で資産運用するメリット
  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」に対するリアルな口コミや評判
  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」と、他の保険商品・資産運用を比較

以上の内容について丁寧に解説していきます。

この記事を読めば、第一フロンティア生命の「プレミアジャンプ2」について詳しく理解することができるので、外貨建て保険商品を選ぶ際の参考にしていただけるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

プレミアジャンプ2の保障内容を解説!生命保険の特約内容は?

第一フロンティア生命の「プレミアジャンプ2」は、正式名称を「積み立て利率変動型定額部分付き変額終身保険(通貨指定型)」といい、契約時にまとめて払い込んだ保険料を、米ドルまたは豪ドルで運用する外貨建て終身保険です。

  • まずは、基本情報を見ていきましょう。
保障内容 死亡(終身保障)
契約指定通貨 米ドル・豪ドル
契約年齢範囲 第一保険期間20年:0歳~75歳

第一保険期間15年:76歳~87歳

保険料払込方法 一時払いのみ可
口座振込
保険料を円で払う場合の為替手数料 50銭(0.5円)
保険金等を円で受け取る場合の為替手数料 50銭(0.5円)
契約者貸付 なし
告知 不要

他の外貨建て一時払い終身保険と大きく違うのは、払い込んだ資産を

  • 変額で運用しながら、大きく運用成果を狙う部分
  • 定額で運用しながら、ゆっくり確実に運用する部分

の2つに分けて運用ができるという点です。

この割合としては、一部を変額で運用、残りの大部分は定額での運用になります。

全て変額で運用するより断然安心ですし、また全て定額で運用するより大きな成果が期待できる、まさに良いとこ取りの保険だと言えるでしょう

またもう一つの安心できる特徴として、将来受け取る金額の最低保障(外貨)を、払い込んだ保険料に対して100%・110%・120%の中から自由に決められる、ということが挙げられます。

さらに運用の目標値を110%~細かく設定でき、第一保険期間中(契約~15年または20年)にその目標を達成すれば、すぐに運用成果を「円建てで確保」してくれるのも嬉しいポイントです。

ちなみに、このとき「目標値到達時定額円貨建終身保険移行特約」を付加しておくことで、主契約自体を円建ての終身保険に移行することもできます。

一方で、目標値を達成しないまま第一保険期間が終了した場合には、その後の契約を

  1. 解約し、解約返戻金を一括で受け取る
  2. 解約し、解約返戻金を年金形式で受け取る
  3. 続行し、第二保険期間(外貨建て終身保険)へ移行する

の3パターンから選択することになります。

それではここで、米ドル建・豪ドル建を選択した場合、かつ最低保障100%・110%を選択した場合に、目標額までどれくらいの期間で到達できるかをシミュレーションしていきましょう。

 

<米ドル建> ※積立利率1.96%

最低保障100%のとき→定額部分:67.8%  変額部分:32.2%

最低保障110%のとき→定額部分:74.6%  変額部分:25.4%

  • 目標額を保険料の105%~120%に設定:1年~10年未満でほぼ達成可能
  • 目標額を保険料の150%~200%に設定:1年~15年以上でほぼ達成可能

 

<豪ドル建て> ※積立利率1.55%

最低保障100%のとき→定額部分:73.5%  変額部分:26.5%

最低保障110%のとき→定額部分:80.9%  変額部分:19.1%

  • 目標額を保険料の105%~150%に設定:1年~10年未満でほぼ達成可能
  • 目標額を保険料の200%に設定:1年~15年以上でほぼ達成可能

 

最低保障額を高く設定すれば、それだけ定額部分の割合が多くなり、より安定した運用になります。

また目標額を高く設定すれば、それだけ達成までの年数が長くなりますが、契約時の積立利率によって大きく左右されます。

米ドル・豪ドルそれぞれの積立利率は常に変動するので、契約の際には必ず確認することが大切です。

 

  • 第一フロンティア生命の「プレミアジャンプ2」に付加できる特約については、こちらをご覧ください。
特約名 内容
目標値到達時定額円貨建終身保険移行特約 円換算時の解約返戻金額が目標値を達成したとき、自動で定額の円建て終身保険に移行してくれる
年金支払移行特約 解約返戻金を年金形式で受け取ることができる

(3・5・10年の確定年金)

保険料円貨入金特約 保険料を円貨で払い込むことができる
円貨支払特約 死亡保険金や解約返戻金などを円貨で受け取ることができる
死亡給付金等の年金支払特約 死亡保険金を年金形式で受け取ることができる

実はプレミアジャンプ2にはデメリットが!?元本割れのリスクとは

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」は契約者に嬉しい商品内容が魅力ですが、実は外貨建て保険ならではのデメリットがいくつか存在します。

これらのデメリットを知らずに契約してしまうと、大切な資産が目減りする「元本割れ」という最悪の結果にもなりかねません。

そのため、まずは契約前に必ず知っておきたいリスクやデメリットについて、しっかりと確認していきましょう。

積立利率は保険料全てに適用されるわけではない?実質利回りの考え方を解説

外貨建て保険の魅力は何と言っても高い積立利率ですが、この「積立利率」と、実際に運用した結果の利益である「実質利回り」は異なるので、混同しないよう注意が必要です。

こちらでご紹介している第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」では、払い込んだ保険料を定額部分と変額部分の2つに分け、そのうち定額部分のみに「積立利率」が適用されます。

また変額部分は「特別勘定」という全く違う形で運用され、この2つの運用益を合わせたものが「実質利回り」となります。

少し複雑な仕組みなのですが、積立利率は運用資産の一部にだけ適用される、という仕組みを理解しておくことが大切です。

外貨建て保険には為替リスクがつきもの!為替レート変動の危険性とは

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」だけでなく、全ての外貨建て保険には必ず為替リスクが伴います。

これは常に変動する為替レートの影響を受けて、資産が増えたり減ったりしてしまうという、非常に大きなリスクです。

例えば1万円から米ドルに両替し、払い込む場合

  • 1米ドル80円のとき、1万円=125米ドル
  • 1米ドル100円のとき、1万円=100米ドル

となり、為替レートの時期によって両替後の価値が変化するので、タイミングが悪いと大きく資産を減らすことになります。

この為替レートをうまく利用する方法としては、

「円高時に保険料を払い込み、円安時に解約返戻金などを受け取る」

ことをおすすめします。

外貨建て保険を利用する際には、必ず為替レートを確認するようにしてください。

中途解約は元本割れの危険性大!特別勘定の運用実績の反映や市場価格調整、解約控除がある

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」は、高金利な外貨で長期間にわたり運用し、資産を増やしていくという仕組みです。

つまり早期に解約してしまうと、ほぼ成果が見込めません。

さらに様々なリスクやペナルティがあるので、中途解約は極力避けるのが理想です。

まず中途解約のリスクとして考えられるのは、特別勘定で運用している「変額部分」についてです。

この「変額部分」は、積極的に資産を増やせるよう、運用による収益や損失が約8倍になるという特別な仕組みが採用されています。

つまり、ハイリスク・ハイリターンでの運用です。

そのためもし解約時に損失が大きければ、この「変額部分」を丸々失う可能性があり、その影響で元本割れすることも考えられます。

また解約時のペナルティには、大きく分けて

  1. 市場価格調整
  2. 解約控除

の2つがあります。

1つ目の「市場価格調整」とは、運用していた債券を解約時に売却するのですが、その時の市場価値を解約返戻金に反映させる仕組みです。

つまりタイミングによっては、解約返戻金額が減少することがあります。

2つ目の「解約控除」とは、早期解約した場合のペナルティとして、解約返戻金から定められたパーセンテージが控除されてしまう仕組みです。

これは契約~解約までの期間が短いほど、多めに控除されるよう設定されています。

中途解約はあまりにもリスクが大きいので、これを避けるためにも、契約前にしっかり資金計画を立てておきましょう。

プレミアジャンプ2のメリットとは?外貨ベースでは大きく資産増

ここまで様々なデメリットについて解説してきましたが、第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」には、それを上回る大きなメリットも多くあります。

次からはそんな魅力的なメリットについて解説していきますので、ぜひご覧ください。

定額部分を高金利な外貨、変額部分を特別勘定で運用!

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」ならではの大きなメリットは、運用する資産を2つに分け、より効率的に運用できるという点です。

資産のおよそ7~9割は「定額部分」として、外貨建てならではの高い積立利率で運用しながら、ゆっくり確実に資産を増やしていきます。

一方で残りの「変額部分」は、運用成果を約8倍にする「特別勘定」という方法を使って、大きく資産の増加を狙っていきます。

定額だけ、また変額だけという内容の保険商品が多い中、こちらはその両方を同時に運用できる魅力的な仕組みを持ちます。

変額保険はリスクが大きくチャレンジしづらいとお考えの方にも、おすすめの保険です。

目標値設定が可能!自動で運用成果を円建で確保してくれる

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」では、将来的に目指したい運用益を「目標値」として設定することができます。

そして第一保険期間(契約~15もしくは20年の間)で目標が達成できたら、運用成果を円建てで確保してくれるサービスもついています。

一度円建てで確保してしまえば、為替リスクの心配をしなくて済むので安心ですね。

目標到達をシミュレーション!第一保険期間20年のタイプなら200%の達成も夢じゃない

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」では契約の初めに、運用による利益の目標値を110%~200%の範囲(10%単位)で細かく設定できます。

そして運用期間中にその目標を達成できたら、自動的に日本円で資産を確保してくれます。

つまり、もし最高値の200%を達成できた場合、払い込んだ保険料の2倍の額を受け取れることになるのです。

これは変額保険だからこそ実現できる、「プレミアジャンプ2」の大きな魅力です。

しかし、実際に運用したところで本当に目標を達成できるのか、よく分かりませんよね。

第一フロンティア生命のパンフレットには具体的な「目標到達シミュレーション」が記載されているので、200%という目標値が現実的な数字なのかを確認してみましょう。

①第一保険期間20年(契約年齢0~75歳)の場合200%を達成できたのは、88ケース中

<豪ドル建>

100%最低保障の場合:88ケース

110%最低保障の場合:88ケース

<米ドル建>

100%最低保障の場合:88ケース

110%最低保障の場合:88ケース

②第一保険期間15年(契約年齢76~87歳)の場合200%を達成できたのは、148ケース中

<豪ドル建>

100%最低保障の場合:121ケース

<米ドル建>

100%最低保障の場合:104ケース

この結果を見ると、第一保険期間が20年であれば、指定通貨にかかわらず全てのケースで200パーセントを達成していることがわかります。

もちろん未来の為替状況はわからないので、このシミュレーションが必ず200%を達成できるという意味ではありませんが、達成確率はかなり高いようです。

大きく資産を増やす目的であれば、十分期待できる内容の保険だと言えます。

第一フロンティア生命が破綻しても生命保険契約者保護機構により契約が保護される

「プレミアジャンプ2」を契約中に第一フロンティア生命が破綻したら、保険契約や運用中の資産はどうなるでしょうか。

実は生命保険契約は預貯金などと違い、会社が破綻した場合でも契約は法的に保護されます。

つまり経営破綻=契約や資産が無くなる訳ではなく、代わりの「救済保険会社」や「承継保険会社」などに契約が引き継がれることになっています。

この救済措置は「生命保険契約者保護機構」を中心に行われ、国内にある全ての生命保険会社が加入しています。

以上のような安全策がとられている生命保険契約ですが、場合によっては責任準備金の一部が減額してしまうケースもあるので、当然ですが破綻しないことが一番です。

生命保険会社のHPなどには会社の経営状況が記載されているので、気になる方はチェックしてみてください。

プレミアジャンプ2は資産分散をしたい方におすすめ

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」を含む外貨建て保険には「資産分散ができる」というメリットがあります。

資産分散とは、お持ちの資産を

  1. 通貨・通貨以外
  2. 日本円・外貨
  3. 預貯金・それ以外

のように別々に管理し、資産の安全性を高めることです。

資産を分散しておけば、所有するひとつの資産価値が下がった場合に、ダメージを軽減できるのです。

外貨建て保険は上記のうち2・3の方法を同時に行えることから、有効な資産分散方法として知られています。

何らかの方法で資産を分散したいのであれば、外貨建て保険もおすすめです。

プレミアジャンプ2の口コミや評判は?みんなの意見をご紹介

プレミアジャンプ2のメリットは理解できても、本当にいい保険なのかまだ疑問が残る方は多いことでしょう。

そこで、ご検討中の方が一番気になる、実際の加入者の口コミ・評判をいくつかまとめてみました。

プレミアジャンプ2の運用例、具体例に触れることで今後の資産運用のイメージを固めていきましょう。

実際の口コミや評判を紹介していきます。

第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2の評判・口コミの評価①

1つ目は第一フロンティア生命の外貨建個人年金保険「プレミアジャンプ2」についての口コミをいただいた滋賀県のT・Kさん(52歳)の評価です。
「」
口コミ提供ありがとうございました。

第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2の評判・口コミの評価②

2つ目の第一フロンティア生命の外貨建個人年金保険「プレミアジャンプ2」の口コミは熊本県の・さん(41歳)の評価です。

「」
口コミ提供ありがとうございました。

第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2の評判・口コミの評価③

3つ目の第一フロンティア生命の外貨建個人年金保険「プレミアジャンプ2」の口コミは千葉県の・さん(38歳)の評価です。
「」
口コミ提供ありがとうございました。

第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2とプレミアジャンプ3(年金タイプ)を比較

こちらでご紹介している「プレミアジャンプ2」と年金タイプの「プレミアジャンプ3」はとても内容の似ている変額保険ですが、その中でもいくつか違いがあります。

よく比較されている商品なので、主な違いを以下にまとめました。

プレミアジャンプ2

プレミアジャンプ3

保険種類

終身

年金

指定通貨

米ドル/豪ドル

米ドル/豪ドル/NZドル

運用期間

0~75歳:20年

76~87歳:15年

5年/10年(選択可)

目標値達成後

円建てで運用成果を確保

→円建て終身保険へ移行

(一括受取・年金受取も可能)

円建てで運用成果を確保

最低保障

100%/110%/120%

100%/110%

運用期間の延長(目標未達時)

不可

最長3年まで可能

一方で

  • 一部を変額部分として積極的に運用できる
  • 将来の目標値を細かく設定できる
  • 指定通貨建てで最低保障あり

これらはどちらの保険にも当てはまります。

一生涯の保障を確保したいなら「プレミアジャンプ2」、老後の年金を準備したいなら「プレミアジャンプ3」のように選ぶのが良いでしょう

また運用期間で考える場合、長い期間をかけて大きく運用成果を出したいなら「プレミアジャンプ2」が、比較的短い期間に限定して運用するなら「プレミアジャンプ3」がおすすめです

外貨預金や投資信託とも比較検討しよう

有名な資産運用の方法としては、外貨建て保険の他に「外貨預金」や「投資信託」があります。

ここでは資産運用を始めたいという方に向けて、これら2つの特徴やメリット・デメリット、また外貨建て保険との違いを解説します。

まず「外貨預金」とは、資産を外貨で銀行に預金する方法です。

こちらは少額から気軽に始めることができ、また他の資産運用方法に比べてリスクが少ないことで人気を集めています。

ただし、自分自身で安全に資産を管理しなければならないので、為替や外貨に対しての最低限の知識が必要です。

そのため投資初心者や、知識がない状態の人にはあまり向いていません。

もし外貨預金に興味があるなら、損をしないようにある程度勉強してから始めるのがおすすめです。

次に「投資信託」ですが、こちらは投資のプロであるファンドマネージャーが、自分の代わりに資産運用をしてくれるというシステムです。

投資に対する知識がなくてもプロに任せることができて、さらに初期投資は少額から可能なので、投資初心者にもおすすめします。

このように魅力的な投資信託ですが、他の資産運用方法に比べて余計に手数料が掛かってしまうのが大きなデメリットです。

そのため投資信託を利用する場合は、手数料分の金額も加味した上で、余裕のある運用計画を立てておきましょう。

参考:相続対策に活用!死亡保険金の非課税枠を利用しよう

外貨建て保険を含む生命保険は、有効な相続税対策として知られています。

遺産をご家族に相続するとき、預貯金から受け取ると相続税が掛かりますが、保険金として受け取る場合には「500万円×法定相続人の数」だけ非課税になるので、大きな節税が期待できます。

ご紹介している第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」は告知不要で87歳まで加入できるので、ご高齢からでも安心して終身保障を確保できるのがポイントです。

もし将来的に遺産相続をお考えなら、なるべく多くのお金がご家族の手元に残るように、まとまった保険金を用意しておくと安心です。

参考:投資性商品は資産の1/3程度に収めるのがちょうどいい

外貨建て保険や株式などに投資をするなら、その金額は全資産の1/3までに収めるのが最も安全だとされています。

投資には必ずリスクを伴うので、万が一のことも考えて慎重に金額を決めることがとても重要です。

またお持ちの資産を用途別に

流動性資金:緊急時にいつでも使えるお金(例:急な入院)

使用予定資金:3年以内に使い道が決まっているお金(例:車の購入資金)

利殖性資金:当面は使う予定のないお金(上記2つ以外)

の3つに分けることで、より無理のない計画的な投資が可能となります。

初めて投資にトライする場合は、後悔しないようきちんと資産を分けて管理するのがおすすめです。

まとめ:第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2は老後資金の準備や相続対策に活用しよう

第一フロンティア生命の変額保険「プレミアジャンプ2」について詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

この記事のポイントは、

  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」は、保険料の一部を変額で運用することにより、大きく資産増加を狙える外貨建て保険である
  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」は中途解約などによるリスクが大きく、契約前にしっかり理解することが大切
  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」は運用益200%も狙えるなど変額保険ならではのメリットも多い
  • 第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」や他の方法で投資を考えるなら、それぞれの特徴を踏まえた上でベストなものを選ぶのがおすすめ

以上のことでした。

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ2」はハイリスク・ハイリターンの変額保険ではあるものの、最低保障の設定などで極力デメリットを減らしているのが特徴です。

そのためこれから大きく資産を増やしたいと考える人に、ぜひおすすめします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*