保険会社の解説

[評判/口コミ]東京海上日動あんしん生命の悪い評判まで解説!保険営業マンのレベルは高い?

東京海上日動あんしん生命

東京海上日動あんしん生命の評判や保険のメリット、デメリットについて解説

東京海上日動あんしん生命は、損害保険会社の最大手として有名な東京海上日動のグループ会社です。

「あんしんセエメエ」でお馴染みのひつじの執事が出てくるテレビコマーシャルが印象的ですよね。

保障内容が充実しているという声がある一方で、保険料が高いんじゃないかとの話も一定数あり、実際のところどうなのか、気になる方も多くいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、東京海上日動あんしん生命の概要について

について

  • 実際の契約者によるリアルな口コミや評判からわかる加入者の満足度
  • 東京海上日動あんしん生命の特徴や保険商品の魅力
  • 東京海上日動あんしん生命のおすすめポイントと注意すべき点
  • 複数の保険会社・商品を比較検討する大切さとおすすめの方法

以上4点の観点でお話しいたします。

アクサ生命はお客様の声を大切にしており、柔軟な契約方法など利用者の利便性向上にこだわっている生命保険会社です。

この記事をお読みいただけば保険会社の特徴や取扱商品、加入のメリットやデメリット、利用者の生の声などが分かります。

現在東京海上日動あんしん生命で契約を検討している方はもちろん、以前より気になっているという方も是非最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. 東京海上日動あんしん生命は、生存保障分野に重点を置いている保険会社で加入者向けサービスも充実している。また、生命保険と損害保険の垣根を越えた超保険も有名。
  2. 東京海上日動安心生命の良い評判・口コミは「営業の方の説明やアドバイスが分かりやすい上に無理な勧誘もない」「保険料が返ってくる医療保険がある」「持病持ちでも入れる保険がある」などが見られ、満足度が高いことがわかる。
  3. 一方、「資産運用向きの商品が少ない」「医療保険以外の魅力が薄い」「学資保険は保険料が高い割には返戻率が低い」といった悪い評判・口コミも一部見られた。
  4. 東京海上日動あんしん生命の保険に加入するメリットは、対面型と通販型で契約方法を選択できる、支払い余力が高いので安心などが挙げられる。
  5. 一方、保証を手厚くすると保険料が割高になることもある、通販型は自分に必要な保障組み立てが難しいというデメリットもある。
  6. 東京海上日動あんしん生命に保険に加入する前に、保険のプロに無料相談して自分に合っているかを検討するのがおすすめ
  7. 専門家の質が高いほけんROOM相談室なら今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

東京海上日動あんしん生命の評判や口コミを紹介!加入者の保険への満足度は?

保障を確保しつつ資産形成もできる「マーケットリンク」など、変化する加入者のニーズに対応する保険も扱う東京海上日動あんしん生命は、保険加入者からどのような評価を受けているのでしょうか?

こちらでは、当サイト独自の調査で判明した実際のユーザーの声や評判、口コミを複数ご紹介していきます。

東京海上日動あんしん生命の良い評判や口コミ

「ここの終身保険に加入することにした時、営業の方の説明やアドバイスがとても的確でわかりやすかったです。強引な勧誘もなかったです。」(40代・女性)

「保険料が返ってくるというメリットがあるので、あんしん生命の医療保険に入ってよかったなと思っています。」(30代・女性)

「持病があるので医療保険は正直諦めていましたが、メディカルKitラヴを担当者の方に進めてもらい、加入できました。持病持ちでも入れる保険なのに安い保険料で保障内容が充実していて大満足です。」(50代・男性)

東京海上日動あんしん生命の加入者の良い評判・口コミを見ると、ライフパートナー(営業マン)の対応の良さ、商品の優秀さに対する満足度が高いことが分かりました。

東京海上日動あんしん生命の悪い評判や口コミ

「資産運用に向いた商品の種類が少ないと感じてしまいました。」(50代・女性)

「個人的に色々な保険会社の商品を見てきましたが、医療保険以外は魅力的な保険商品が無い気がします。」(50代・男性)

「長女のためにこども保険に加入しましたが、やはり保険料が高い割には返戻率が低いところがデメリットだなと思います。」(30代・女性)

東京海上日動あんしん生命の加入者の悪い評判・口コミを見ると、資産運用向けの商品が他社と比較して少ない点や保険料の高さなどに不満を抱く人もいるようです。

東京海上日動あんしん生命の概要や特徴は?どんな保険商品があるの?

東京海上日動あんしん生命は東京海上グループの一員であり、死亡保険に加えて医療保険やがん保険、学資保険などとてもバリエーション豊富な商品を扱う生命保険会社です。

東京海上日動あんしん生命の概要を下記にまとめました。

設立年 1996年8月6日
資本金 550億円
従業員数 2,617名(2019年3月31日現在)
経常収益 1兆171億1,000万円
経常利益 347億8,300万円
保険料等収入 9,067億1,600万円
当期純利益 273億7,600万円
保有契約件数 585万5,000件
ソルベンシー・
マージン比率
2,063.6%
発行済株式数 160万株
株主 東京海上ホールディングス株式会社
(100%)

東京海上日動あんしん生命の現状2019

2012年に「生存保障革命」をスタートさせて以降、病気の予防や就労不能保障など生存保障分野に特に重点を置いており、以下のような契約者向けサービスを行っています。

サービス名称 概要
メディカルアシスト 24時間365日医師や看護師による一般の健康相談や緊急相談、予約制専門医相談に加え、転移・患者移送手配や困った時の医療機関案内も行ってくれる
人間ドック・脳ドック
・がんPET検診優待サービス
様々な検査を行う全国の提携医療施設の紹介・予約を行う
デイリーサポート 社会保険に関する相談や法律・税務に関する相談、暮らしの情報提供を電話で行う
職場復帰支援サービス 病気や介護による休職後の職場復帰に対し、キャリアコンサルタントや臨床心理士による支援を行う
がん専用相談窓口 がんに関する相談に対し、大学病院の教授や准教授クラスを中心とした医療専門家が対応してくれる
がんお悩み
訪問相談サービス
がんと診断された契約者へ専門の相談員が訪問相談を行う
介護お悩み
電話・訪問相談サービス
社会福祉士・介護福祉士などの専門家が介護に関する相談を電話で、認定ケアマネージャーなどがケアプランの作成やセカンドオピニオン提供などを訪問して、それぞれ行う
介護アシスト 専門家が介護に関する相談を行う
認知症の不安に対しては電話で「もの忘れチェックプログラム」を行い、受診の推奨や医療機関の案内を行う

また、東京海上グループといえば生命保険と損害保険の垣根を超え必要な保障を一つにまとめた「超保険」でも有名です。

特徴:東京海上日動あんしん生命のライフパートナー(営業マン)は対応が良い?

東京海上日動あんしん生命の直販営業職は「ライフパートナー」との名称で活動し、多様化する契約者の要望に対し、オーダーメイドの提案を行っています。

ライフパートナーは保険に関してだけでなく経済、法律、税務などについても幅広い知識を身につけるため、入社後9カ月に渡って独自の教育カリキュラムで教育される、保険のプロです。

より専門性の高い営業職員を育て上げるため、エグゼクティブライフパートナーを最上級とする5段階の資格制度をとっています。

他業種で働いている人がスカウトのような形でライフパートナーになることも多く、東京海上グループのネームバリューもあって非常に向上心の高い人材が集まり育ちやすい構造となっているのです。

東京海上日動あんしん生命ライフパートナー紹介

東京海上日動あんしん生命の保険商品一覧

東京海上日動あんしん生命が現在取り扱っている保険商品は、下記の一覧の通りです。

保険種類 商品名 加入方法 概要
医療保険 メディカルKit NEO 対面
通販
病気やケガを一生涯保障する終身医療保険
女性向けの保障プランもある
メディカルKit R 対面 病気やケガを一生涯保障し、使わなかった分の保険料が戻ってくる終身医療保険
あるく保険 対面 歩くと保険料の一部が返ってくる新しい健康づくり押印医療保険
メディカルKit ラヴ 対面 健康に不安のある人も入りやすい医療保険
メディカルKit ラヴR 対面 健康に不安のある人も入りやすく、使わなかった保険料が返ってくる医療保険
がん保険 がん治療支援保険 NEO 対面
通販
初めてのがんや長引く通院治療にも安心ながん保険
がん診断保険 R 対面 使わなかった保険料が返ってくるがん保険
死亡保険 家計保障定期保険 NEO 対面 万一の時、毎月給与のような形で給付金が受け取れる
就労不能時の保障を充実させるプランもあり女性におすすめの定期死亡保険
長生き支援終身 対面
通販
死亡や介護、長生きリスクにも対応している終身保険
保険金の請求がないまま一定の時期を迎えると健康祝い金を受け取ることができる
終身保険 対面 死亡・高度障害に対する保障が一生涯続く
解約返戻金の活用も期待できる
一時払逓増終身保険 対面 保険金額が契約日の5年後、10年後の応当日に増加する終身保険
定期保険 対面 ニーズに合わせ、一定期間の死亡・高度障害保障を確保できる掛け捨て型の保険
こども保険 5年毎利差配当付
こども保険
対面 教育資金準備と万一の際の養育年金を兼ね備えた保険
変額保険 マーケットリンク 対面 死亡・高度障害に備えつつ、資産運用を行う変額保険
その他 特定疾病保障定期保険 対面 悪性新生物(がん)、急性心筋梗塞、脳卒中に対する保障と万一の保障を確保

医療技術の進歩や長期化していく老後に備えた、「生存保障重視」の商品が充実しています。

また、使わなかった保険料が返ってくる商品や、歩くと「健康増進還付金」として保険料が返ってくる商品など、お客様本位で非常にユニークな商品も印象的です。

東京海上日動あんしん生命の保険料が高いって本当?他の保険会社の保険料と比較

東京海上日動あんしん生命の保険料に関しては、適切だと考える人がいる一方で少々高いと感じる方もいる様です。

そこで下記の通り、単純比較は難しいもののある程度同条件で他社商品と比較を実施しました。

<基本情報>
年齢・性別:40歳・男性
保険種類:終身保険
保険金額:200万円
保険期間:終身

保険会社
商品名
保険料
FDW富士生命
持病があっても!終身保険
6,596円
アフラック
三大疾病保障プラン
6,548円
オリックス生命
ライズ・サポートプラス
5,934円
東京海上日動あんしん生命
終身保険
4,276円
マニュライフ生命
こだわり終身保険v2
4,122円
アクサダイレクト生命
終身保険
3,774円

上記をご覧いただくと分かる通り、東京海上日動あんしん生命の商品が特段高いという訳ではなく、同種の保険であれば比較的お手軽な価格で保障を提供していると言えるのではないでしょうか。

おそらく、保険料が高いと感じる場合には特約の付加によって保障をある程度手厚くしている可能性もあります。

保険は平時にはあまりその恩恵を感じづらく、万が一のことが起きた時に初めて価値を実感できる性質の商品ですから、保障を手厚くしている人ほど、保険料が高く感じるということがあり得るのです。

東京海上日動あんしん生命で保険に加入するメリット・デメリットを解説

ここまでは、東京海上日動あんしん生命の営業マンや商品の特徴、契約者のリアルな評価や保険料に関してなどの紹介をしてきました。

生存保障に重心を置きつつ、契約者本位の商品販売や営業体制を採っているのが東京海上日動あんしん生命の特徴です。

さらにここからは、東京海上日動あんしん生命のおすすめポイントと加入検討時の注意点を、それぞれ2つずつにおまとめしてご紹介します。

メリット1:ライフスタイルに合わせて対面型と通販型を選択できる

東京海上日動あんしん生命お客様本位の業務運営方針は、商品の特徴だけでなく販売方法にも現れています。

ライフパートナーや保険代理店による「対面販売」はもちろん、もっと気軽に保険契約をしたいというニーズに応えて、郵送で契約を行う「通販販売」も行っているのです。

対面型であれば契約に際しての説明や書類作成などを専門の方と一緒に行うことができますし、通販型であれば時間や場所を気にせずご自身の好きなタイミングで加入することができます。

通販は現代人の生活スタイルには非常に適した方法であり、ご自身で保険について調べ、ゆっくりと検討したい人にはお勧めの方法です。

対面販売の際には、タブレット型端末を活用したペーパーレス手続き「らくらく手続き」を導入しており、契約に際して必要な事をもれなく迅速に確認することができます。

こうして契約をする方は自分に合った方法で加入手続きを進めることができるのです。

ただし、通販型の商品には限りがあり、同じ商品でも対面と通販とでは保障内容に違いがある場合があるためご注意ください。

また通販での契約であっても、保険加入に当たっては専門家に説明やアドバイスを受けながら進めることが賢明ではあるでしょう(後ほど改めてご説明します)。

メリット2:高いソルベンシー・マージン比率で健全性に安心感のある会社

保険会社が「万が一」の時に頼りになる存在であり続けるには経営の健全性を高め維持していく必要があります。

そして保険会社の健全性を確認するうえでとても大切なのが、ソルベンシー・マージン比率という指標なのです。

ソルベンシー・マージン比率とは、想定外を超える大規模な保険事故(医療保険における入院やケガなど、保険金を支払う事由のことを言います)が起きた時の支払余力を表す、保険業法で公開を定められた指標です。

東京海上日動あんしん生命が後悔している2018年度のソルベンシー・マージン比率は2,063.6%であり、他社と比較しても非常に優秀な数値であると言えます。

そもそも認可基準として金融庁が定めているソルベンシー・マージン比率が200%以上であることを踏まえると、東京海上日動あんしん生命の数値がどれだけ高いかが分かります。

他の保険会社と比較みてもその高さは際立っており、下表の通り各社のディスクロージャー誌で確認できる数値を抜粋して並べてみても、2,000%を超える保険会社はわずかです。

保険会社 ソルベンシー・マージン比率
ネオファースト生命 3,134.3%
ソニー生命 2,590.5%
ライフネット生命 2,085.0%
東京海上日動あんしん生命 2,063.6%
オリックス生命 1,720.8%
明治安田生命 1,040.1%
第一生命 970.8%
日本生命 933.3%
ジブラルタ生命 852.6%
アクサ生命 790.7%

もちろんソルベンシー・マージン比率は保険会社の指標の一部に過ぎませんし、比較的新しいもしくは小さい保険会社で保有契約件数が少ない場合は数値が高くなりやすい特性を持っています。

けれども東京海上日動あんしん生命は開業から25年近くが経過している保険会社であり、経常利益や当期純利益などその他の業績の好調さからも、安心感は非常に高いと言えるでしょう。

また格付投資情報センターの格付けでも2019年7月1日現在で「AA+」というとても高い評価を受けており、同社の持続的な成長や経営の健全性には十分な信頼がおけるのではないでしょうか。

デメリット1:保障を手厚さと保険料の高さのバランスに注意

生存保障に重点を置く東京海上日動あんしん生命の商品には、死亡保障と資産運用を両立させた「マーケットリンク」や教育費準備に利用できる「こども保険」など、貯蓄性の高い商品が多くあります。

貯蓄型商品は掛け捨て型と比較して比較的保険料が割高になることもあり、あれやこれやと保障を手厚くしようとするとどうしても一定保険料がかさんでいってしまうため、注意が必要です。

加えて、貯蓄型保険は予期しない形で途中解約をすると払い込んだ保険料を解約返戻金が下回り損をすることもあります。

そのため、はっきりとした目的を持って保険料負担も前もって計画し、保険を利用するようにしましょう。

また、資産運用面の性格が強い保険商品を利用するのであれば保険に関する理解だけでなく運用に関する理解も大切なりますから、専門的な知識を持った人へ相談できる状況を作っておくのがベストです。

デメリット2:通販型の場合は保障設計について専門家への相談をした方が良い

東京海上日動あんしん生命が契約者の利便性を高めるために通販での販売も行っているのは、先ほどお話しした通りです。

通販型があることにより自分に都合の良い時間や場所、タイミングで契約ができるため、保険契約に対するハードルが下がり誰もが気軽に契約ができるようになっています。

ただし、気軽に契約ができるということは良い面ばかりではなく、保障の選択や組み合わせを間違える可能性も高まるため注意が必要です。

生命保険は長期に渡って契約し保険料の負担をする商品が多く、また、個々人のライフステージごとに必要な保障内容は異なってきます。

ライフパートナーや保険代理店経由で契約をするのであれば、都度契約の見直しなどのアドバイスを受けたり相談したりできるのですが、通販で契約をしているとなかなかそうもいきません。

不安があるのであれば、対面で加入をする方が、かえって便利であるとも言えるでしょう。

もし通販型を選択するのであれば、やはりどこかに相談できる状況を作っておくのが吉ですね。

保険検討時は東京海上日動あんしん生命のライフパートナー以外にも相談するのがおすすめ

東京海上日動あんしん生命の保険商品への加入を検討するのであれば、ライフパートナーによる直販だけでなく、他の専門家にも話を聞くことをおすすめします。

先ほどお話しした通り、東京海上日動あんしん生命のライフパートナーには専門知識を持った優秀な販売員が多くいますが、いつでも最適な提案ができるかといえば、それは難しいでしょう。

保険商品はその性質上複雑な内容のものも多くありますし、たとえ素晴らしい説明を受けたとしてもセカンドオピニオンのような形で他の専門家にも相談するのが大切なのです。

そこでここでは、保険商品を複数から比較する大切さと、検討におすすめな手段をご紹介いたします。

保険を検討する際は複数の保険会社と商品を比較しよう

保険への加入を考えるのであれば、一つの会社や商品に最初から絞って検討をするのではなく、複数の選択肢から比較検討し決定していくのがベストです。

東京海上日動あんしん生命の商品には生存保障面が充実したものが多くあり、ライフパートナーの専門性も高いのですが、最適な保障内容や保険期間、保険料負担の組み合わせは一人一人異なります。

そして国内には金融庁の免許を受けた保険会社が2019年10月末時点で42社あり、それぞれが様々な利用者をターゲットして最適と考える保険商品を作っているのです。

金融庁HP「生命保険会社免許一覧」

また、保険料比較程度であればインターネットで行うことが十分に加納ですが、最適な保険選びには保障内容の吟味やライフステージごとの点検も大切と言えます。

そのため、保険の比較検討には複数の保険会社の商品を扱っている保険代理店などを利用した方が賢明でしょう。

人気の無料保険相談サービスを比較!おすすめの相談サービス「ほけんROOM相談室」について

複数の保険会社の商品を扱っている代理店や保険ショップは全国にありますが、特に知り合いもないという場合はどこに相談すれば良いのか悩んでしまいますよね。

保険探しどころか最適な保険代理店探しに時間や手間を取ってしまっていては本末転倒ですし、現実問題としてそこまでの時間はなかなか割くことが難しいでしょう。

そんな場合におすすめできるのが、「ほけんROOM相談室」という保険相談サービスです。

ほけんROOM相談室は全国各地の主に駅近に店舗がある保険相談サービスで、対応するスタッフは全員がFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持つベテランです。

また、直接の面談前にWEBや電話を通じた事前相談をすることにも力を入れており、街角の店舗型保険相談サービスによくある、面談時や面談前に必要以上に待たされることもありません。

何回相談を受けても無料であり、専門家が中立な立場で保険を紹介してくれるために強引な勧誘で無理に契約を迫ることが無いのも大きなメリットですね。

口コミでの評判が高い保険相談サービスであり、現在生命保険選びで悩んでいる方や、保険を始めとした資産運用方針で困っている人にはおすすめできるでしょう。

まとめ:東京海上日動あんしん生命の評判や口コミ

今回の記事では、東京海上日動あんしん生命のリアルな口コミや評判と、加入時のメリット・デメリットについて

  • 口コミや評判で分析する加入者の満足度
  • 東京海上日動あんしん生命のライフパートナーや商品の特徴・一覧
  • 東京海上日動あんしん生命で契約するメリットとデメリット
  • 生命保険に加入する際のポイントやおすすめできる相談方法

以上の4点に整理してお話しいたしました。

ここまでお読みいただいたら、東京海上日動あんしん生命加入に関するポイントが、よりはっきりとイメージいただけたのではないでしょうか。

東京海上日動あんしん生命は、ライフパートナーに代表される専門性の高いスタッフが現代人にニーズの高い生存保障面を充実させた商品を扱っています。

死亡や介護だけでなく、ケガや病気により就労ができなくなったり収入が止まったりと、長く生きていくことに関するリスクに対して上手に準備するには、同社の商品はメリットが非常に高いでしょう。

また、ユニットリンクに代表される投資性金融商品や返戻率の高い貯蓄性商品の扱いもあり、資産形成や分散投資の一環として保険の利用を考える人にとっても、同社は選択肢とするのにおすすめです。

東京海上日動あんしん生命への加入を検討されている方は、ライフパートナーはもちろん、先ほどお話しした無料相談サービスも活用いただくとより効果的・効率的な保険選びができるでしょう。

 

▼おすすめの外貨建て保険は以下のページで解説しています!

外貨建て保険おすすめ人気ランキングTOP20!評判・口コミを比較【2020年版】

-保険会社の解説

Copyright© 外貨建て保険おすすめランキング.com , 2020 All Rights Reserved.