保険会社の解説

[評判/口コミ]第一フロンティア生命の悪い評判まで解説!個人年金保険や終身保険の評判は?

第一フロンティア生命

第一フロンティア生命の評判は?保険のメリット、デメリットを紹介

第一フロンティア生命は2006年に設立され2007年に開業をした、まだ新しい生命保険会社です。

貯蓄性の高い保険商品を多く扱っているのですが、まだ新しい保険会社ということもあってどんな保険会社かあまり分からないという方や、「第一生命と違うの?」という思われる方も多いことでしょう。

そこでこの記事では、第一フロンティア生命の評判や概要を

  • 評判や口コミから分かる契約者の満足度
  • 第一フロンティア生命の概要や営業マン・商品の特徴
  • 加入するメリット・デメリット
  • 営業社員の説明以外にも話を聞くことの大切さと方法

以上の4点に整理してお話しいたします。

この記事を読めば、第一フロンティア生命の口コミや評判、営業マンや商品の特徴、メリットやデメリット、保険選びのポイントが分かります。

同社の営業指標や販売スタイルなど様々な角度から徹底解説していますから、第一フロンティア生命について知りたい人はもちろん、実際に保険商品を検討している方も、ぜひ最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. 第一フロンティア生命の良い評判・口コミは「銀行窓口で相談できて気軽」「外貨建て保険の種類が豊富」「保険商品が優秀」などがあった。
  2. 一方、「保険料が高い」「アフターフォローが手薄」「銀行の担当者より第一フロンティアの営業マンに直接相談した方がいい気がする」といった悪い評判・口コミもあった。
  3. 第一フロンティア生命は、第一生命ホールディングスの子会社で、個人年金保険や終身保険など貯蓄性の高い保険料品を中心に扱っている
  4. 第一フロンティア生命の保険に加入するメリットは、一生涯にわたる保障が得られる商品が充実している、資産運用に活用できる貯蓄性の高い保険が多いなどがあげられる。
  5. 第一フロンティア生命の保険に加入するデメリットは、銀行での窓口販売が中心なのでアフターフォローが不安、支払い余力が低いなどがある。
  6. 第一フロンティア生命の保険に加入する前に、保険のプロに無料相談すると様々な商品と比較しながら検討できるのでおすすめ。
  7. 専門家の質が高いほけんROOM相談室なら今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

第一フロンティア生命の評判や口コミを紹介!保険加入者の満足度は?

プレミアベスト、プレミアプレゼント、ラップライフなど、貯蓄性に優れた保険を中心に扱う第一フロンティア生命は、保険加入者からどのような評価を受けているのでしょうか?

こちらでは、当サイト独自の調査で判明した実際のユーザーの声や評判、口コミを複数ご紹介していきます。

第一フロンティア生命の良い評判や口コミ

「担当者の方頻繁に会うよりも、銀行窓口で相談できるというのはメリットですよね。気軽に相談できるので以前から迷っていた外貨建ての終身保険「ダブルフロンティア」に無事加入し、順調に積立できています。」(40代・女性)

「外貨建ての個人年金保険の評判を聞いて以前から検討していました。ここの商品は外貨建ての種類も豊富で保険料の安さの割には利回りもいいので素晴らしいと思います。」(30代・男性)

「終身保険のプレミアレシーブに加入しました。為替リスクなどが不安でしたが円建てなので心配性の私でも安心です。保障も充実していて万が一の時でももう心配いりません。」(50代・女性)

第一フロンティア生命加入者の良い評判・口コミを見ると、銀行窓口で販売しているため気軽に相談できることや、資産運用や貯蓄に特化した優秀な商品を多く扱っている点に対して満足度が高いことが分かります。

第一フロンティア生命の悪い評判や口コミ

「一時払いの終身保険でなくても保険料が高いと思います。」(50代・女性)

「アフターフォローが充実していない。銀行の人に保障内容など簡単なことを聞いても対応が怪しいか悪い時が多い。」(30代・男性)

「銀行窓口で相談できるのはいいのですが、直接第一フロンティア生命の営業マンに相談した方が絶対に詳しい話が聞ける気がする。」(30代・男性)

第一フロンティア生命加入者の悪い評判・口コミを見ると、銀行窓口で販売しているからこそ発生するデメリットや保険料が高いといったことが見うけられます。

また、後程詳しく解説しますが、銀行窓販の場合保険会社から銀行に手数料が支払われますが、その具体的金額が非公開のため、保険料が高いと感じる方も多いようです。

第一フロンティア生命の概要や特徴は?どんな保険商品があるの?

第一フロンティア生命保険株式会社の概要をまとめると、以下の通りです。

設立年 2006年
資本金 1,850億円
従業員数 385名(2018年度末在籍数)
経常収益 2兆369億6,200万円
経常利益 391億800万円
保険料等収入 1兆8760億100万円
当期純利益 199億6,800万円
保有契約件数 152万6,000件
ソルベンシー・
マージン比率
506.9%
発行済株式数 1850株
株主 第一生命ホールディングス株式会社
(100%)

引用:第一フロンティア生命 アニュアルレポート2019

第一フロンティア生命は第一生命ホールディングス100%出資の子会社であり、有名な第一生命のグループ会社として、窓販専業の生保としては最大規模である8兆8,706億円の保有契約件数があります。

「一生涯のパートナー」をグループミッションに掲げており、専門性を高めることを一つの目的として銀行を中心とした金融機関代理店を通じて年金保険の引受に特化した販売体制が特徴です。

個人年金保険や終身保険などの貯蓄性が高い保険商品を中心に扱っており、資産形成の一環として保険商品の利用を検討している方には特に魅力的な保険会社と言えるでしょう。

特徴:第一フロンティア生命の営業マンは親切?

第一フロンティア生命の販売チャネルは金融機関窓口に特化しており、そのほとんどを都銀や地銀、信金等のいわゆる銀行窓販が占めています。

保険会社で直接契約する、いわゆる直販とは異なり、銀行窓販では複数の保険会社の様々な種類の保険商品を比較・検討し、契約できる点や銀行窓販ならではの商品がある点がメリットです。

しかし、複数の商品を比較検討できるのは良いのですが、銀行職員が保険に精通していない可能性があり、銀行窓販における問題点の一つとなっています

もし第一フロンティア生命の保険商品を進められて「怪しい感じがするな…」と感じたとすれば、それはひょっとすると、銀行員の説明不足にも原因があるかもしれません。

第一フロンティア生命の商品には資産形成に向いた貯蓄性の高い魅力的なものが多くありますが、一方でリスクに関する話など複雑な点も多く存在します。

そのため販売に当たっては、資産運用に関する話と保険の機能に関する話の両方に精通しておく必要があるのです。

もし保険にあまり詳しくない方から営業を受ければ、十分な説明を受けられないまま契約してしまう可能性だって、否定はできません。

第一フロンティア生命の商品を紹介された際にしっかりとした説明を受けられなかったとしたら、第一フロンティア生命の商品に対しても悪いイメージを持ってしまうことだって、ありえるでしょう。

第一フロンティア生命の保険商品一覧

第一フロンティア生命が現在取り扱っている保険商品は、下記の通りです。

正式名称 商品名 特徴
年金原資運用実績連動
保証型変額個人年金保険
プレミアベスト 運用期間終了時に一番高額だった金額を外貨建てで保証してもらえる変額年金保険
プレミアベストLB
安心メモリー
年金原資確定部分付
変額個人年金保険
プレミアジャンプ3・年金
(外貨建)
着実に増やす定額部分と株式などへ分散投資する変額部分に分けて運用する変額年金保険
ラップライフプラス
ダブルフロンティア
プレミアセレクトM3・年金
(外貨建)
第一フロンティア投資型年金
(外貨建・ターゲット型)
積立利率変動型
定額部分付変額終身保険
プレミアジャンプ2・終身
(円建・外貨建)
資産の大部分を定額で、一部を変額で運用するという特徴を持つ終身保険
プレミアセレクトM2・終身
(円建/外貨建)
安心2階建てR・終身
(円建/外貨建)
ダブル・フロンティア終身
(円建/米ドル建/豪ドル建)
積立利率変動型
個人年金保険
プレミアカレンシー3 選択通貨と死亡保障の割合を選択することで、運用と保障のバランスを選べる保険
プレミアカレンシーM3
プレミアカレンシー・プラス2
安心たいこ判2
(米ドル・ユーロ・豪ドル)
生存給付金付養老保険 プレミアストーリ―2 生前贈与プランと自分年金プランの2つから選択できる養老保険
プレミアストーリ―M2
安心ながつづきNEXT
第一フロンティア生存給付金付
養老保険(外貨建)
積立利率変動型
終身保険
プレミアプレゼント
(円建/外貨建)
定期的な積立利率の見直しによって保険金や解約返戻金が変動する終身保険
安心ひこうせん
(円建/外貨建)
四国の絆
(円建/外貨建)
新プレミアギフトM
(円建/外貨建)
第一フロンティア終身保険
(円貨/外貨建・無告知型)
プレミアレシーブ
(円建/外貨建)
プレミアレシーブM
(円建/外貨建)
安心一生涯
(円建/外貨建)
第一フロンティア終身保険
(円貨・外貨建)
(無告知型・定期受取型)
予定利率変動型
外貨建終身保険
つみたて終身・フロンティア
(外貨建)
毎月一定額の円で積立を行い外貨で運用する終身保険
解約返戻金を抑えることで保険料払込満了後の受取額を大きくしている
つみたて終身・フロンティアM
(外貨建)
外貨あんしん積立保険
第一フロンティア積立終身
(外貨建・無告知型)

第一フロンティア生命の商品には年金保険や終身保険など貯蓄性の高いものが多く、保険としての保障はもちろん、資産を運用したいとのニーズに応えられる商品ラインナップと言えます。

また、ほぼ同内容の保険でも取り扱い金融機関ごとに商品名が異なっていることが多くありますので、分からなくなったら上記の表で整理していただくと良いでしょう。

第一フロンティア生命の保険料が高いって本当?他の保険会社の保険料と比較

第一フロンティア生命は資産運用の性格が強い商品や外貨建て商品などを数多く扱っており、保険料に関して分かりにくい部分や不透明だと感じる部分も多いと感じる人もいます。

銀行窓販の場合、商品を販売すると保険会社から銀行へ手数料が支払われるのですが、手数料の具体的金額は公開されていません。

その分、他の保険会社と比較して保険料の内訳が不透明になりやすく、ご自身の実感と比較して高いと感じる人が出てくるのではないでしょうか。

またご自身が口座を持っている銀行で営業を受けた場合、資産状況は銀行側に丸分かりであり、どこまでの提案が可能か既に把握されています。

自分自身が契約したいと考えている保険料よりも割高な契約を提案される可能性も考えられる点にも、注意が必要です。

第一生命フロンティア生命には資産運用のニーズに対し様々な選択肢を用意していますので、ご自身の経済状況に応じた商品選択やプラン設定を行うことが大切と言えるでしょう。

第一フロンティア生命で保険に加入するメリット・デメリットを解説

第一フロンティア生命の特徴は、貯蓄性の高い商品を多く扱っていることや銀行窓販に特化していることなどであることを、これまで説明してきました。

実際に加入を決定する際には、他の保険会社と比較した際のメリットやデメリットについて理解をしておかなくてはなりません。

そこでここからはもう少し踏み込んで、第一フロンティア生命の長所や短所について、それぞれ2つに分けてご説明いたします。

メリット1:生命保険を中心として一生涯に渡る保障をする商品が充実

第一フロンティア生命は、「いつでもあなたに、とっておきを。」の経営理念に代表されるとおり一生涯の保障に焦点を当てた商品を専門的に扱っています

金融機関での年金保険の販売に特化することで専門性の向上や専用の事務・システムインフラの構築をより効率的に行っており、契約者のニーズにより早く、効果的に応えることができるのです。

「人生100年時代」を生きる私たちにとっては、老後の生活に対する不安や心配は尽きません。

長生きリスクへ対応するという、現代人にとって非常に重要なニーズへの対応に特化しているのが第一フロンティア生命の魅力です。

また、商品によっては自身の老後への蓄えだけでなく、相続や生前贈与などといった資産継承に役立つ保険もあります。

高齢化が進んでいる日本において資産継承のニーズは高まり続けていますから、こちらも非常に有用な保険商品と考えられるでしょう。

現代人の多様化するニーズに応え続けている生命保険会社が、第一フロンティア生命であると言えるのではないでしょうか。

メリット2:資産運用に利用できる商品や貯蓄性の高い商品が多い

第一フロンティア生命には目標を設定し資産運用を行う商品や外貨建て保険商品が多くあり、資産形成を目的としている方にとっては選択肢として検討すべき会社です。

外貨建て保険というと「元本保証がされない」「為替リスクが心配」などという不安から利用をためらってしてしまうケースも多くあります。

けれども第一フロンティア生命にはプレミアベストのように外貨建てで元本保証をしている商品や、プレミアジャンプ3のように定額部分と変額部分に分けて安定度を増している商品も数多くあるのです。

「堅実に貯蓄をしつつ、高利率な外貨運用で利益が出た分は投資に回す」などといった利用が期待できるため、株などといった他の資産運用方法と比べて安心感が高いと言えるでしょう。

また、満期時には一括や年金形式で毎月受け取るなど受け取り方法を選択できますし、そのまま受け取らず円建ての終身保険に移行することも可能です。

受取時期や受取方法が工夫できるので資産運用の選択肢が増しますから、より柔軟に運用方針をとることができます。

デメリット1:銀行での窓口販売が中心でアフターフォローに不安あり

年金保険の金融機関での窓口販売に特化することで様々なメリットが生まれることは先ほどお話しした通りですが、銀行窓口での販売を中心とすることには残念ながらデメリットも存在します。

銀行は保険の販売が本業という訳ではありませんから、保険加入後の契約者へのフォローは保険会社程頻繁には行われないのが実情です。

第一フロンティア生命から契約状況のお知らせや運用レポートが年に4回送られてきたり、その他のお知らせが逐次送られてきたりしますが、いずれも郵送による連絡であり、電話で確認をするというものではありません。

契約中に不明点があれば契約した銀行ではなく第一フロンティア生命のサービスセンターへ問い合わせたり、第一フロンティア生命のホームページで確認したりすることになります。

そのため、通常の保険代理店で契約した時のように密なフォローを期待することはやはり難しいでしょう。

また、契約の変更や解約をしたいと思った時も銀行ではなく保険会社に連絡する必要があります。

書類の提出先や連絡先など全く異なりますので、注意が必要です。

デメリット2:ソルベンシー・マージン比率が低い

契約者の「万が一」に備えるのが保険会社の重要な役割であり、そのための支払余力は、保険会社を比較するうえで大切な目安です。

ソルベンシー・マージン比率は保険会社の健全性を示す指標の一つであり、予測を超えるリスクに対する各社の支払い能力を示しています。

通常想定される保険事故(生命保険ならば死亡や入院など、保険金の支払事由となる出来事のこと)だけでなく、想定を超える大規模災害などの発生時に、どれだけの対応ができるかを示すものなのです。

そして第一フロンティア生命のソルベンシー・マージン比率は、2018年度で506.9%となっています。

ソルベンシー・マージン比率は1,000%を超える会社も珍しくはなく、例えば同じグループ会社であるネオファースト生命は2018年度末で3,134.3%と非常に高い数値です。

また、当期純利益も2017年度から2018年度にかけて約370億円から約199億円と半分ほどにまで下がっている点も若干のマイナス要素ではあります。

ただし、これらの指標は保険会社の経営状態を示す指標の一つに過ぎず、保険会社の健全性は様々なデータから多角的に判断すべきものです。

例えばソルベンシー・マージン比率は小規模な会社や比較的新しい会社などでは高くなる傾向がありますし、第一フロンティア生命の数値が低いと言っても、金融庁の是正措置ラインである200%は大きく超えています。

第一生命ホールディングスという大きなグループの一員でもありますから、すぐに破綻を心配するようなものでは無いでしょう

保険検討時は第一フロンティア生命の営業マン以外にも相談するのがおすすめ

生命保険の契約は扱う金額が数百万円から時に数千万円と非常に大きくなることもあり、人生においても自宅や自動車の購入に次ぐ、とても重要な決断であると言えます。

また、保険商品は複雑なうえにその人の経済状況などによって最適なプランは異なりますから、一人の担当者があなたが必要とする情報を全て把握し、最適な提案をしてくれるとは限りません。

そのため、例えば銀行窓口で保険を勧められたとしてもその場で安易に決めてしまうのではなく、他の専門家にも話を聞くようにすることが大切なのです。

ここでは、保険の比較や相談先を選ぶポイントについてまとめています。

保険を検討する際は複数の保険会社と商品を比較しよう

保険の契約を考える際には、複数の保険会社や商品を比較検討することがとても大切です。

保険という商品は一般の方にとってどうしても複雑なものであり、契約する段階ではメリットをイメージしにくいことも多くあります。

それなのに、ご自身よりも多くの情報を持っている保険会社や銀行の担当者から説明を受けると、深く検討することなく「良さそうだな」と感じ、そのまま契約してしまうことも多いのが実情なのです。

今回ご紹介した第一フロンティア生命には資産形成に役立つ商品が多いという特徴があったように、それぞれの保険会社や商品にはそれぞれに長所や短所があります。

けれども保険会社の社員であれば自身の会社が扱う商品だけしか勧めることができませんし、今回ご紹介した銀行窓販では、扱う商品が限定的であまり多くないのが一般的です。

これでは、どうしてもあなた自身に本当に適した商品を選びきることはできません。

また、インターネットが便利になった現代ではネットで見積もりを取って保険料の比較だけで契約を決めてしまう方も多くいますが、こちらも少し危険と言えます。

保険の良し悪しは保険料の安さだけではもちろんなく、保障内容や返戻率、特約の内容など様々な条件を比較検討しなければ分からないものなのです。

やっぱり、複数の保険会社・商品を比べてみてご自身に合った商品がどれかを考えることが、納得のいく保険選びの大切なポイントだと言えるでしょう。

人気の無料保険相談サービスを比較!おすすめの相談サービス「ほけんROOM相談室」について

保険商品選びは比較検討が大切だと言っても、自分で調べて検討するのはなかなか難しいですよね。

細かい商品内容を把握するだけでも一苦労ですし、何よりも忙しい生活の中でそこまでの時間や労力を保険選びだけにかけることもできません。

そこで気軽に利用できるのが、街角でよく見かける保険相談サービスです。

複数社の保険商品を扱ってて相談料も無料なのが保険相談サービスの良さなのですが、特に「ほけんROOM」は魅力的な点が多く、おすすめできます。

保険相談は相談前や見積作成時に店舗で待たされることも結構多いのですが、ほけんROOMはWebや電話での事前相談ができますから、そのような心配がありません。

相談員は全員がFP(ファイナンシャルプランナー)の資格保持者であり、相談がしやすいようにベテランから知識が豊富な若手まで幅広いFPがいるのが大きな魅力です。

FPはお金の専門家ですから、保険のことだけでなく資産運用や住宅ローンの返済計画など、お金に関する様々な相談にも乗ってくれます。

また、日本全国47都道府県のあらゆる場所で相談が可能で、駅近の店舗やご自宅はもちろん、近くのカフェやレストランなど、相談場所を選ばずあなたに都合の良い場所での面談ができるのです。

面談は何回でも無料で、複数の保険会社から商品比較ができるため、先ほどお話しした納得できる保険選びには最適な相談サービスと言えます。

中立的な立場なのであなた自身に合った商品・プランを紹介してもらえて強引な勧誘が無いことも、保険会社の営業マンから保険に加入するよりもおすすめできるポイントですね。

Webでの簡単な相談から始めることができますし、少しでも気になるのであればご利用してみることをおすすめします。

まとめ:第一フロンティア生命の評判や口コミ、悪い噂の真相

今回の記事では、第一フロンティア生命の口コミや評判と加入時のメリット・デメリットについて、

  • 加入者の口コミや評判
  • 第一フロンティア生命の特徴と保険商品一覧
  • 第一フロンティア生命の魅力と注意すべき点
  • メットライフ生命に賢く加入する契約手段のコツ

以上の4点に整理してお話しいたしました。

第一フロンティア生命は、貯蓄性の高い保険を金融機関の窓口販売することに特化することで、契約者一人一人に寄り添った商品を提案するための専門性を高めていると言えるのではないでしょうか。

ある程度まとまった資金があり資産運用を考えている方には、第一フロンティア生命での契約を特におすすめできます。

資産運用においては様々な投資先に資産分散をしてリスク回避をすることが大切であり、第一フロンティア生命の堅実な貯蓄と積極運用を両立させた商品は、資産運用の有力な選択肢の一つと言えます。

また、資産運用の性質が強い保険商品は、保険としての保障に関する理解だけでなく資産運用に関する理解も一定必要です。

そういった意味でも、第一フロンティア生命での加入を検討されている方はお金の専門家であるFPが豊富な保険会社の商品に関して説明してくれる、無料相談サービスを活用すると良いでしょう。

 

▼おすすめの外貨建て保険は以下のページで解説しています!

外貨建て保険おすすめ人気ランキングTOP20!評判・口コミを比較【2020年版】

-保険会社の解説

Copyright© 外貨建て保険おすすめランキング.com , 2020 All Rights Reserved.