保険会社の解説

[評判/口コミ]富国生命の気になる悪い評判まで解説!保険営業マンの満足度は高い?

富国生命

富国生命の気になる悪い評判は?富国生命の保険加入のメリット・デメリットを解説

富国生命は、国内では非常に長い歴史のある生命保険会社です。

ハローキティをイメージキャラクターとしており、CMやホームページなどでは「フコク生命」として私たちにとてもなじみ深い会社と言えます。

契約者目線に立ったシンプルな保障内容に対して好意的な声がある一方で、保険料が思ったより高いと感じている方もいるのが実情です。

そこでこの記事では富国生命の評判や口コミについて紹介しつつ、

  • 評判や口コミから分析する加入者満足度
  • 富国生命の概要や商品の特徴
  • 富国生命の魅力と加入時の注意ポイント
  • 富国生命の商品以外とも比較検討しよう

上記の切り口で富国生命で保険に加入するメリット・デメリットについて徹底解説いたします。

富国生命は、契約者の目線に立ったサービスや目的に合わせ多種多様な保障から商品を組合わせることができる魅力的な会社です。

またお客さまの声を聴くことに重点を置いており、消費者の声を最大限反映させて商品の開発や改定を行っています。

保険加入時には、保険商品だけではなく保険会社そのものに対する評判や口コミが気になるものですよね。

この記事を読むことで、保険加入前に知っておきたい情報を知ることができますので、ぜひとも最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. 富国生命は、1923年創業の歴史ある保険会社で対面コミュニケーションに重点を置くFace to Faceの活動を実施。業界唯一の兄弟割引を導入した学資保険「みらいのつばさ」が有名。
  2. 富国生命の良い評判・口コミは、「保険組み立ての自由度が高い」「商品の幅が広い」「アドバイザーの専門知識が豊富」など。
  3. 一方、「保障が手厚い分保険料が高い」「アフターフォローが充実していない」という悪い評判・口コミも見られた。
  4. 富国生命の保険に加入するメリットは、支払い余力が高く安心の経営基盤、保険商品の保障が充実しており満足度も高いなどがある。
  5. 一方、書類が多い、読みづらい、手続きが煩雑という声もある。ただこのデメリットはお客様の声をもとに改善されている。
  6. 富国生命の保険が自分に合った保険か知りたい方は、保険の専門家と一緒に複数の保険商品を比較するのがおすすめ
  7. 専門家の質が高いほけんROOM相談室なら今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

富国生命の気になる評判・口コミは?加入者満足度を徹底解説

主契約なしで特約を自分なりにカスタマイズする「未来のとびら」など、プランの柔軟性に優れた保険も扱う富国生命は、保険加入者からどのような評価を受けているのでしょうか?

こちらでは、当サイト独自の調査で判明した実際のユーザーの声や評判、口コミを複数ご紹介していきます。

富国生命の良い評判・口コミは?営業マンや保障内容への満足度が高い

「自分で特約を組み合わせる「未来のとびら」に加入しました。本当に自由度が高くて、これこそ自分が求めていた保障だと思いました。」(30代・男性)

「アドバイザーの方に相談する度に、専門知識の豊富さに助けられました。以前から加入したかった個人年金保険に安心して加入することができました。」(50代・男性)

「営業の方の商品の幅がとても広く、心配性の私でも安心な保障を組むことができました。また、担当の方のお陰でメリットとデメリットをじっくり比較して加入できました。」(40代・女性)

富国生命の加入者の良い評判・口コミを見ると、お客様アドバイザー(営業マン)の質の高さや、保障内容の幅広さに対して高い満足度を持っている方が多いことが分かりました。

富国生命の悪い評判・口コミは?アフターフォローや保険料に不満の声も

「保障が充実しているのですが、その分保険料が高くついていまい、特約を解約しようか迷っています。」(30代・女性)

「依然加入していた保険と保障内容はやや充実しましたが、それでも割高です。」(40代・女性)

「加入したはいいものの、営業マンのアフターフォローがあまり充実していません。」(50代・男性)

富国生命の加入者の悪い評判・口コミを見ると、保険料が高い点や、営業マンのアフターフォローが充実していない点に不満を抱く方がいることが分かりました。

富国生命はどんな会社?会社概要や保険商品をご紹介

まず最初に、下記に富国生命の概要をまとめました。

設立年 1923年
基金 1,160億円
従業員数 12,689名(2019年3月末在籍数)
経常収益 7,183億円
経常利益 533億円
保険料等収入 5,256億円
当期純利益 368億円
保有契約高 1兆5,660億円
ソルベンシー・
マージン比率
1,189.7%

富国生命は、1923年(大正3年)に「富国徴兵保険相互会社」として誕生した、100年近くの長い歴史のある会社です。

保険関連事業はもちろん、資産運用関連事業を行う富国生命インベストメントなどの海外企業などをグループ会社に持っており、国内外で連携を取りながら事業展開をしている企業です。

ここでは、富国生命の特徴を

  • 歴史と伝統ある保険会社である点
  • 学資保険を中心として豊富な種類の保険商品がある点

以上2点にまとめてお話しいたします。

富国生命には長い歴史があり契約者目線でサービス展開をしている、とても安心感のある保険会社です。

特徴1:歴史と伝統のある保険会社!お客さま基点の安心感が魅力

富国生命は1923年に富国徴兵保険会社として創業後1945年に現在の「富国生命」に社名を変更しましたが、現在も契約者が出資者となる「相互会社」の形態をとり続けています。

相互会社の形を保ちつつ、1992年には日本初の高度先進医療特約を、2001年には業界初の兄弟割引を導入した学資保険を発売するなどの事業展開を、現在もなおし続けているのです。

2017年には「お客様基点」の業務運営方針を公表し、契約者一人一人のニーズに応えた商品を提供するため、対面コミュニケーションに重きを置く「Face to Face」の活動を現在も実施しています。

また、創立初期より当時の日本勧業銀行(現在のみずほ銀行)と親密な関係を気付いてきたため、現在でもみずほフィナンシャルグループとの関係は親密です。

長い歴史を誇る一方で、近年では消費者目線での活動を強化している、とても安心感の高い保険会社であると言えるでしょう。

「お客さま基点」の活動を実現するために、富国生命には「お客さまアドバイザー」という専門職が全国に約10,000名程在籍しています。

お客さまアドバイザーは契約者にとって保険料と保障内容の両面からみて最適な商品を提供し、契約者の求めに応じて必要なタイミングでしっかりと対応できる存在を目指し、活動をしているのです。

またお客さまアドバイザーには、非常に高い専門性を持つMDRTにも17名の会員が在籍しています。

MDRTは、世界69の国と地域の500社以上で活躍する62,000名以上の会員が存在する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織です。

こういった点からも、お客さまアドバイザーの専門性の高さが感じられると言えます。

特徴2:学資保険が有名!富国生命の保険商品は目的に合わせて多種多様

富国生命が現在取り扱っている商品の一覧を、下表にまとめました。

保険種類 商品名 概要
複合型保障 未来のとびら 通常の保険商品にはある「主契約」の保障がなく、様々な保障から自身のニーズに合わせて自由に組み立てられる保険
学資保険 みらいのつばさ 貯蓄性を重視した、子供の教育・結婚資金準備のための保険
医療保障などを省くことで貯蓄性を高めている
医療保険
がん保険
医療大臣
プレミアエイト
8大生活習慣病を補償する医療保険
8大生活習慣病での入院は日数無制限で、女性特有の病気をカバーする特約もある
メディコムプラス 健康保険などの窓口自己負担分だけでなく、先進医療や協定病院などでの自由診療の治療費も補償
個人年金保険 みらいプラス 老後の資金など目的に合わせて貯蓄していく保険
定期保険 無配当定期保険 配当金が無い代わりに、割安な保険料で高額死亡保障がつく保険
経営者向け
定期保険
オーナー・プランZ 就業不能や身体障がいなどの大型保障が長期に渡ってつき、企業を守る保険

業界初の兄弟割引を導入している学資保険「みらいのつばさ」や幅広い保障内容から自分に必要な保障だけを選んで契約することができる「未来のとびら」が富国生命においては中心と言えます(後ほどより詳しくお話しいたします)。

私たち消費者のニーズに幅広く応えることを考え、開発された商品ラインナップなのです。

富国生命で保険加入するメリット・デメリットを解説

富国生命は顧客の目線に立って様々な種類の保険商品を提供する保険会社であるということを、ここまでは説明してきました。

幅広い種類の商品を扱っており、お客さまアドバイザーが一人一人に合った商品提案をしてくれて安心なのですが、実際に加入を決定する際には長所や短所をきちんと理解をしておかなくてはなりません。

そこでここからはもう少し踏み込んで、富国生命の魅力や加入時の注意点について、ご説明いたします。

メリット1:堅実経営で信頼できる!ソルベンシー・マージン比率も高い

富国生命の特徴としてまず挙げられることは、中堅保険会社として非常に堅実な経営をしているという点です。

保険会社の健全性を示す指標に、ソルベンシー・マージン比率というものがあります。

ソルベンシー・マージン比率は大災害などによる想定外の保険金支払に対する保険会社の支払い余力を示しており、開示が義務づけられている指標です。

日本における生命保険会社は200%以上を保つことが必須とされているのですが、富国生命は1,189.7%と非常に高い健全性を現在保っています。

また、格付け各社による格付けにおいても高く、2019年11月現在では

  • 格付投資情報センター(R&I):AA-
  • ムーディーズ:A2
  • スタンダード・アンド・プアーズ(S&P):A

と、いずれも高い評価をしています。(参考:富国生命HP)

もちろんこれらの指標のみで生命保険会社の経営について全てが分かるという訳ではありませんが、富国生命の安心感を示す一つの要素としては考えることができるでしょう。

メリット2:保険商品の保障内容が充実!満足度も高い

富国生命には様々な保険商品があり、幅広い消費者のニーズに応えることができます。

中でも自分に合わせた特約を組み合わせることのできる複合型保険「未来のとびら」と兄弟割り引きが人気の学資保険「みらいのつばさ」は特筆すべきポイントが沢山ある商品です。

「未来のとびら」

通常の保険商品は「主契約」と「特約」で約款が構成されており、「特約の保障だけ受けたい」と考えてもからならず主契約とセットで契約しなくてはいけません。

ところが複合型保障の「未来のとびら」には主契約がなく全てが特約のみで構成されているため、自らに必要だと思う保障の特約だけを選択して無駄なく契約することができるのです。

保障のラインナップも幅広く、以下の様に幅広いニーズへの備えができます。

万一への備え ・収入保障特約・生存給付金付定期保険特約・定期保険特約
・終身保険特約
身体障がい・介護への備え ・生活障害保障特約・介護保障特約・介護終身年金特約
就業不能への備え ・就業不能保障特約
病気・ケガへの備え ・医療保険・生活習慣病特約・女性疾病特約・がん特約
・先進医療特約・移植医療特約・特定損傷特約
がんへの備え ・メディコムプラス
その他への備え ・災害割増特約・傷害特約・リビングニーズ特約
保険料払込免除 ・保険料払込免除特約

「1つの特約に、1つの保障」という考え方で、自分に必要な保障をシンプルに選べるのが大きな特徴なのです。

「みらいのつばさ」

富国生命を代表する学資保険「みらいのつばさ」は、貯蓄性を重視した教育資金・独立資金を準備するための保険です。

子どもの成長に合わせて祝い金を受け取れるステップ型と、大学入学資金に重点をおいたジャンプ型の二つがあり、どちらの方においても保険料払込期間は11・14・17歳から選択できます。

祝い金はそのまま据え置いて必要な時に引き出すこともでき、22歳を満期として満期保険金を受け取ることもできます。

みらいのつばさで特徴的なのは業界初の「兄弟割引」があることであり、新しく被保険者となる子供の兄弟姉妹が富国生命の学資保険などに既に加入している場合、保険料が安くなるのです。

また富国生命では個人年金保険「みらいプラス」もあり、こちらは年金の受取時期や受取方法を自由に設定できるため、学資保険代わりにも活用することができます

デメリット1:加入手続きが大変?書類も多く煩雑な一面がある

富国生命に加入している方の声を聴くと手続きに対する不満が比較的多く、少し注意が必要です。

実際の富国生命のホームページを確認してみると、主な苦情は「ご契約後のお手続きに関するもの」が多く、2019年7月~9月の苦情件数のうちの36.1%を占めていることが分かりました。

富国生命に加入する場合、手続きの煩雑さには一定の心がまえが必要なのかもしれません。

ただし、お客さまの声から改善点を見つけ出し対応をしていくのが、富国生命の経営スタンスでもあります。

たとえば「フコク生命だよりが見づらい」という声に対しては、カラーでの情報整理と一覧表を活用したデザインや、封筒へ点字を導入して視覚障がいのある方に対しても配慮したデザインの改訂を行いました。

富国生命ホームページ

今後もテクノロジーの活用によるペーパーレス化は進んでいくと思われますし、現状でも担当の営業マンとのコミュニケーションをとることで、より簡単に手続きを進めることが可能となるでしょう。

保険は複数商品と検討しよう!富国生命の営業マン以外からのアドバイスが大切

フコク生命はお客さまアドバイザーによる「face to face」の対面販売を重視しており、顧客のニーズに応じた保障や保険料の商品を提案してくれるのが大きなメリットです。

ただし実際に契約を考える時には、他の保険会社の商品とも比較検討して決めるようにしましょう。

お客様アドバイザーがいかに親切で適切な提案をしてくれるとは言っても、富国生命の社員である以上、どうしても特定の商品しか勧められません

限られた商品の中だけで検討して決めてしまうと、後悔するリスクも高くなってしまうです。

より幅広く選択肢を吟味することで、自分に最適なプランを見つける可能性は高まります

保険加入時は富国生命だけで検討するのではなく、複数の保険会社の商品と比較するようにしましょう。

その際には、FP (ファイナンシャルプランナー)の有資格者など、客観的な立場から専門的な知識をもとにアドバイスをしてくれる人に相談するのがベストです。

無料保険相談サービスが人気!おすすめ「ほけんROOM相談室」とは?

保険選びの際には様々な保険会社の営業マンから話を聞いて、自分に合った保険商品を見つけるのが理想なのかもしれませんが、忙しい毎日でそこまで保険選びに時間を割くことはできないのが実情です。

そこで保険選びに悩んでいる方におすすめできるのが、「ほけんROOM相談室」という無料保険相談サービスです。

ほけんROOM相談室は、訪問対応をしてくれる無料保険相談サービスであり、複数の保険会社の商品から、在籍しているFPが最適なプラン設計へのアドバイスをしてくれます。

中立な立場で保険相談を行ってくれるので、保険加入時によくある「強引な勧誘」はありませんし、回数無制限で何度でも無料訪問相談に対応してくれます。

また、日本全国47都道府県の様々な場所で相談が可能で、駅近の店舗やご自宅はもちろん、近くのカフェやレストランなど、相談場所を選ばず面談ができるのです。

在籍している全員がベテランや知識豊富な信頼できるFPですから、保険に関する相談だけでなくお金に関する全般的な相談にも乗ってくれます。

Webや電話での相談も得意にしていますから、まずWebだけで相談をしてみて考え直すことも可能です。

後悔しない保険選びには最適の相談方法ですので、「どうしようかな…」と少しでも気になっているのであれば、一度気軽に利用してみてください。

まとめ:富国生命は加入者満足度が高い!比較した上で加入を検討しよう

今回の記事では、富国生命の口コミや評判と加入時のメリット・デメリットについて、

  • 加入者の口コミや評判から判断する富国生命の加入者満足度
  • 富国生命の特徴と保険商品一覧
  • 富国生命で契約する際の魅力と注意すべきポイント
  • 後悔しない保険選びやおすすめの相談方法

以上の4点にまとめてお話しいたしました。

富国生命は、幅広い商品ラインナップから契約者が必要な保障だけを過不足なく選択でき、専門性の高い客様アドバイザーからの説明を受けることもできる、契約者目線に立った生命保険会社です。

長い歴史があるだけでなく現在でも高い経営の健全性を保っている富国生命は、国内屈指の安心感がある保険会社であると言えるのではないでしょうか。

加入者満足度も高く、「なにから保険選びを始めれば良いか分からない」と感じている方にもおすすめできます。

ただし、最終的な判断には客観的な目線を持った専門家への相談と複数社の商品比較が大切なのは、先ほどお話しした通りです。

そういった意味でも、富国生命での加入を検討されている方も、お金の専門家であるFPが豊富な保険会社の商品にから最適なプラン設計の提案をしてくれる、無料相談サービスを活用すると良いでしょう。

 

▼おすすめの外貨建て保険は以下のページで解説しています!

外貨建て保険おすすめ人気ランキングTOP20!評判・口コミを比較【2020年版】

-保険会社の解説

Copyright© 外貨建て保険おすすめランキング.com , 2020 All Rights Reserved.