保険会社の解説

[評判/口コミ]住友生命の悪い評判まで徹底解説!満足度や営業マンの評判は?

住友生命

住友生命は評判が悪い?加入者満足度や営業マンの評判を解説

住友生命の保険商品が気になったときに知りたい住友生命の評判や加入者の口コミを解説します。

この記事を読めば、インターネットなどで目にすることもある住友生命に関する悪い評判・口コミが本当なのかどうか、また住友生命の特徴や全体像を知ることができるでしょう。

まず保険に加入しようと思ったときに気になるのは、

  1. どの保険商品を選べば良いか?
  2. どの保険会社を選ぶべきか?

の2点である人は多いものです。

特に現在は、保険商品も保険会社もたくさんありますが、それに伴ってたくさんの情報があり、どれを参考にすれば良いのか判断するのに苦労している人も少なくないでしょう。

住友生命の保険商品が気になっている人はぜひこの記事を最後まで読んで、住友生命がどのような会社なのかや、加入するメリット・デメリットを把握してくださいね。

内容をまとめると

  1. 住友生命の良い評判・口コミとしては、「保険金の支払いが早い」「担当者が親身になって相談にのってくれた」「保険商品が優秀」などが挙げられる。
  2. 一方、悪い評判・口コミとしては「保険料が高い」「返戻率が低い」「営業マンの評価が上がるであろう提案をされた」などがあった。
  3. 住友生命は、支払い余力が高く信頼できる、ライフプランに合わせた保険を選べる、ライフデザイナーによる充実したコンサルティングが特徴。また、CS向上アドバイザー会議を設置して日々顧客目線の施策を策定する努力をしている
  4. 住友生命の保険に加入するメリットは、ネットや電話による加入者サービスが充実している、経営状態が良いので安心など。
  5. 一方デメリットとして、特約などによって保障が充実しているために保険料が高くなりがちということがあげられる。
  6. 住友生命の保険に加入する前に、保険のプロに相談して複数の保険商品を比較検討すべき
  7. 専門家の質が高いほけんROOM相談室ならスマホ1つで無料オンライン相談ができるので、この機会に保険の悩みと解決しましょう。

住友生命の評判・口コミを解説!加入者の満足度は高い?

健康増進型保険や個人年金保険など人生100年時代に沿った新しい形の保険も扱う住友生命は、保険加入者からどのような評価を受けているのでしょうか?

こちらでは、当サイト独自の調査で判明した実際のユーザーの声や評判、口コミを複数ご紹介していきます。

住友生命の良い評判・口コミは?保険加入から保険金等支払いまで満足度が高い

「先日保険金の支払い請求をしましたが、評判通りすぐに対応してくださって本当に助かりました。どことは言いませんが、支払の遅い他社との違いを感じましたね。」(50代・女性)

「担当者の方が親身になって話を聞いてくれたおかげで、保障を充実させたいという自分のニーズに合った保険商品に加入することができました。」(20代・女性)

「個人年金保険と迷いましたが、健康増進型保険に加入しました。保険料が増減するのが最大のメリットだと思います。自分は健康意識が高いほうなので、保険料が安くなり、お得です。」(40代・男性)

住友生命加入者の良い評判・口コミを見ると、住友生命の担当者の対応がしっかりしていることや、保険金支払いのスピーディーさ、保険商品の優秀さに対する満足度が高いことが分かりました。

住友生命の悪い評判・口コミは?営業マンは評判が悪い?

「営業マンの言う通りに保障を充実させようと特約をつけたら、結局保険料が高くなっていまいました。」(50代・女性)

「保険料が他社の保険と比較しても割高だと思う。その割には返戻率も低めなのがデメリットです。」(30代・男性)

「一見私たちのニーズに合っているものの、結局は営業マンの評価につながるのでは?という提案をされた。」(20代・男性)

住友生命の悪い評判・口コミを見ると、保険料の高さや営業マンの対応に対して怪しいと感じる人もいるようです。

担当者によってどうしても対応に差が出てきてしまうことがあるので、もし担当者に不満がある場合は担当者の変更をお願いするようにしましょう。

このように悪い口コミも見られましたが、住友生命では、CS向上アドバイザー会議を設置して顧客目線の施策を策定・実行しています。

実際にお客様の声を基に、契約時に留意してほしい事項を分かりやすく説明した5種類の動画を新たに作成するなど、日々サービスの改善に努めています。

住友生命の特徴は?住友生命の信用性の高さと保険商品を解説

このように住友生命には良い評判・口コミも悪い評判・口コミも存在していることがわかりました。

特に悪い評判・口コミはすぐに広まりやすいのでどうしても目につきがちな一面がありますが、実際住友生命には保険料収入・総資産において日本第4位という強みがあります。

ここではそのような住友生命の特徴や扱っている保険商品について詳しく解説していきます。

住友生命の特徴は、

  1. ソルベンシー・マージン比率の高さから来る信用性
  2. ライフプランに合わせた保険商品の豊富さ
  3. スミセイライフデザイナーによる保険商品のマッチング

が挙げられます。それぞれ詳しく解説していきます。

特徴1:ソルベンシー・マージン比率が高く信用性がある

保険に加入するときに気になることの一つが、万が一の際に保険金をきちんと受け取ることができるのかというその保険会社の支払い能力でしょう。

その支払い能力を示す一つの指標がソルベンシー・マージン比率です。

ソルベンシー・マージン比率は200%を超えていれば、万が一のリスクが生じても十分な支払い能力があると判断されます。

住友生命のソルベンシー・マージン比率は915.6%となっており、昨年度の881.7%を大きく上回る結果となっています。

そのため住友生命は支払い能力が高く、信用性があると言うことができるでしょう。

特徴2:ライフプランに合わせた様々な保険商品がある!保険商品一覧

住友生命はライフプランに合わせた様々な保険商品があります。

保険種類 愛称 目的
特約組立型保険

利率変動型積立(終身)保険

プライムフィット・ライブワン 就労不能・介護保障、死亡保障、医療保障、資産形成から必要な必要な保障をカスタマイズしたい人向け
利率変動型積立(終身)保険 Qパック 最新の医療保障を受けたい人向け
医療保険 ドクターGO(ジーオー) 充実した医療保障を受けたい人向け
限定告知型終身保険 スミセイの千客万頼 健康面から保険加入を見送っていた人向け
終身保険 バラ色人生

バリューケア

終身保険

ロングジャーニー

一生涯保障を受けたい人向け
定期保険 エンブレム

グランドパスポート

死亡保障を受けたい人向け
生存給付金付定期保険 記念日宣言 教育・結婚などライフイベントの資金準備をしつつ死亡保障を受けたい人向け
養老保険 自由保険 積立と保障の両方を受けたい人向け
個人年金保険 たのしみワンダフル

新たのしみ年金

老後資金を形成したい人向け
たのしみキャンバス 子どもの教育資金を形成したい人向け
こども保険 スミセイのこどもすくすく保険
財形貯蓄型積立保険 財形貯蓄プラン

財形住宅貯蓄

財形年金

様々な用途の資金形成をしたい人向け

また金融機関窓口で取り扱いのある保険は以下の通りです。

保険種類 愛称 目的
健康増進型保険 1UP Vitality 就労不能・介護保障を受けたい人向け
円建終身保険 ふるはーとJロードプラス

ふるはーとSアドバンス

ふるはーとWステップ

ふるはーとF

ふるはーとL<介護プラン>

ふるはーとL

一生涯保障を受けたい人向け
外貨建終身保険 ふるはーとJロードグローバル
円建定期保険 ふるはーとプレミアム 死亡保障を受けたい人向け
円建定額年金保険 たのしみ未来 老後資金を形成したい人向け
外貨建個人年金保険 たのしみグローバル

たのしみ未来グローバル

円建定額年金保険 たのしみ未来<学資積立プラン> 子どもの教育資金を形成したい人向け
外貨建個人年金保険 たのしみ未来グローバル<学資積立プラン>
円建学資保険 スミセイのこどもすくすく保険

このように円建保険だけではなく外貨建て保険が充実しているのも住友生命の特徴です。

また2018年7月に発売が開始された住友生命「Vitaliry」は非常に好評で高い評判になっているようです。

この商品は未来デザイン1UPなどの保険の保障を受けながらも、健康を増進する活動に応じて保険料の割引や特典などのサービスを受けることができます。

「Vitality」は日本だけではなく1997年に南アフリカでの販売からイギリスやアメリカをはじめとした世界各地でも提供されている健康プラグラムです。

健康状態が良くないと保険加入が難しくなったり、必要な保障が増えたりするので、このようなプログラムを活用して健康な身体を手に入れつつ、お得なサービスを受けることができるのは、非常に大きな魅力であると言えるでしょう。

特徴3:住友生命の営業マン・スミセイライフデザイナーによる保険商品のマッチング

住友生命の特徴の3つ目は住友生命の営業マンであるスミセイライフデザイナーです。

保険に加入するときに重要になるのが営業マンです。

評判や口コミからもわかるように、どのような人が担当してくれるのかによって、希望する保険に加入できるかどうか、その保険に満足するかどうかが変わります。

住友生命ではそのように大切な役割を担う営業マンをスミセイライフデザイナーと呼び、急速に変化する社会情勢や顧客ニーズに応えるべく、四半期ごとの教育を通じてコンサルティン力の向上を図っているようです。

またスミセイライフデザイナーが持っている営業マン向けのタブレット端末「Sumisei Lief(スミセイリーフ)」が新しくなったことで機能が充実し、今まで以上に個人のニーズに合わせた保険商品の提案が可能になったことにつながりました。

住友生命での保険加入のメリット・デメリットを解説

このように住友生命には一人ひとりのライフプランに合わせた魅力的な保険商品やサービスが充実しています。

これらの点を見れば、住友生命は非常に加入するメリットの多い保険会社であるように思われます。

実際これまで解説してきた特徴以外も、住友生命には加入にあたって様々なメリットがあります。

その一方で、加入する前に知っておきたいデメリットが存在することも事実です。

そこでここでは、住友生命に加入する場合の2つのメリットと1つのデメリットについて詳しく説明していきます。

今回説明するメリットとデメリットは、

  • メリット1:加入者サービスが充実している
  • メリット2:経営状況が良いため安心して加入できる
  • デメリット1:特約が多い分保険料が高くなりやすい

です。それぞれわかりやすく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

メリット1:スミセイダイレクトサービスなど加入者サービスが充実

住友生命に加入するメリットの1つ目は、スミセイダイレクトサービスなどの加入者サービスが充実していることです。

スミセイダイレクトサービスでは、窓口以外の自宅や出先からでもインターネット・電話を使って様々なサービスを受けることができます。

スミセイダイレクトサービスで受けることができるサービスは以下の通りです。

  1. 出金・入金取引
  2. 各種照会
  3. 登録内容の変更
  4. メール通知サービス
  5. 書類請求

です。

例えば、契約者貸付を利用したり、積立配当金・生存給付金を引き出したりするときに、わざわざ窓口まで行かずとも提携しているATMを使って引き出すことができます。

また気になったときにいつでも契約内容を確認することができたり、引越しなどに伴う住所・電話番号の変更を行うことができたりすることも、忙しいビジネスパーソンなどには嬉しいサービスだと言えるでしょう。

この他にも、保険料振替口座の変更や証券・生命保険料控除証明書の再発行、入院・手術給付金の請求などで必要になる書類の請求もスミセイダイレクトサービスで行うことができます。

特に外貨建て保険に関しては、2019年8月からインターネットでの即日解約サービスが、2019年1月からは電話での即日解約サービスが始まりました。

外貨建て保険はその日の為替レートによって大きな利益になったり、逆に大きなマイナスになったりすることがあるので、このように手軽に解約ができるのは大きなメリットです。

これらのサービスは一見当たり前のように思えますが、保険会社各社によって行えるサービスには差があります。

長く加入することになる保険だからこそ、保険商品だけではなくこういったサービスがどこまで充実しているかも、保険会社選びの一つの決め手になると言えるでしょう。

メリット2:経営状況が良く信用性が高い!ソルベンシー・マージン比率は900%超え

住友生命に加入するメリットの2つ目は、経営状況の良さによる信用性の高さです。

すでに解説してきたように、住友生命の2018年度ソルベンシー・マージン比率は915.6%と健全性を示す基準である200%を超える高い数値を誇っています。

実は住友生命の信用性の高さを示すのはこれだけではありません。

住友生命グループで保有している契約年換算保険料は2兆7,824億円となっており、ここ数年で安定した数値となっています。

また危険準備金・価格変動準備金・価格変動積立金・基金償却準備金などを含む内部留保残高は1兆9,127円と昨年度からさらに1,098億円を積み増やす結果となりました。

もちろん各格付会社による格付評価も高く

  • スタンダード&プアーズ(S&P)保険財務力格付:A+
  • ムーディーズ(Moody's)保険財務格付:A1
  • 格付投資情報センター(R&I)保険金支払能力格付:AA-
  • 日本格付研究所(JCR)保険金支払能力格付:AA-

となっており、それぞれ保険契約債務を履行する能力が高いと評価されています。

現在では歴史ある会社ですら倒産する可能性がある社会状況であることを考えれば、このような数値や評価は安心して加入できる理由の一つであると言えるでしょう。

デメリット1:特約が多く保険料が高くなりやすい

住友生命のデメリットとして挙げるならば、特約が多く保険料が高くなりやすい点でしょう。

実際に住友生命の口コミを見てみると、「保障が充実しているが保険料が高めになっている点に不満がある」「保険料が高い気がするがその分保障が充実しているから仕方がない」といったように、保障の充実に伴った保険料の高さに不満を抱いている人が多いようでした。

実際、住友生命の特約は非常に充実しています。住友生命の保険に付加することができる特約は生前給付特約災害疾病特約の2種類です。

  • 生前給付特約
特約名称 特約内容
生活障害収入保障特約 就労不能・介護年金、就労不能・介護保障充実給付金、特定障害給付金を受け取れる
生活障害終身保険特約 死亡保険金、就労不能・介護保険金を受け取れる
特定重度生活習慣病保障特約 特定重度生活習慣病保険金を受け取れる
保険料払込免除特約(15)[総合型] 指定事由に該当した場合にその後の保険料の払込が免除される
保険料払込免除特約(15)[生活障害・がん型]
保険料払込免除特約(15)[生活障害型]
指定代理請求特約 指定事由に該当した場合に指定代理人が給付金・保険金等の請求をすることができる
がん長期サポート特約 がん長期サポート保険金を受け取れる
リビング・ニーズ特約 リビング・ニーズ保険金を受け取れる

このように、基本的な保険の保障に加えて指定された条件を満たすと上記のような給付金や保険金などを受け取ることができたり、保険料の払込が免除されたりします。

  • 災害疾病特約
特約名称 特約内容
総合医療特約 災害入院給付金、疾病入院給付金、手術給付金、放射線治療給付金を受け取れる
入院保障充実特約(09) 入院保障充実給付金を受け取れる
成人病入院特約(09) 成人病入院給付金を受け取れる
女性疾病入院特約(09) 女性疾病入院給付金を受け取れる
がん入院特約(09) がん入院給付金を受け取れる
がん薬物治療特約 がん薬物治療給付金を受け取れる
がん診断特約 がん診断保険金を受け取れる
新先進医療特約 先進医療給付金、先進医療保障充実給付金を受け取れる
障害損傷特約(04) 運動器損傷給付金、顔面損傷給付金を受け取れる
災害割増特約 災害死亡給付金、災害高度障害保険金を受け取れる
障害特約 災害保険金、障害給付金を受け取れる

災害疾病特約では、特定の条件を満たすことで様々な給付金・保険金を受け取ることができます。

例えば、女性疾病入院特約(09)では所定の女性特定疾病で日帰り以上の入院をした場合には女性疾病入院給付金を受け取ることができます。

このように多くの災害疾病特約では日帰り入院以上で様々な給付金を受け取ることができるのは、非常に心強い特約です。しかしその分保険料も高くなります。

住友生命の保険に加入する際には、営業マンから勧められた保険・特約にそのまま加入するのではなく、自分に本当に必要なのかをよく検討し、FP(ファイナンシャル・プランナー)など第三者からのアドバイスを受けた上で判断するようにしましょう。

保険は長く加入することで恩恵を受けることができるものです。

保障の充実を優先して保険料が高くなってしまったばかりに保険料が払えなくなってしまうと、結局損をしてしまうことがあるので注意しましょう。

保険加入時は住友生命の営業マン以外への相談もおすすめ

ここまで住友生命の評判・口コミや特徴・保険商品、また住友生命で加入をするメリット・デメリットについて解説してきました。

一人ひとりのライフプランに合わせた保障を受けられる商品ラインナップの充実度やスミセイダイレクトサービスといった加入者サービスが魅力の住友生命ですが、その分保険商品や特約が多くどれを選べば良いのか悩む人も少なくありません。

そこで、一人ひとりに合わせた保険になるようにアドバイスしてくれるのが、すでに説明してきた住友生命の営業マンであるスミセイライフデザイナーでした。

もちろんスミセイライフデザイナーは評判・口コミのよさからもわかるように保険のプロなので、魅力的な保険をおすすめしてくれるでしょう。

しかし、保険に加入する際に重要になるのが複数の保険商品との比較検討です。

保険加入時には客観的に複数の保険と比較検討することが大切

今は住友生命に限らず様々な保険会社・保険商品があります。それだけではなく、住友生命自体にも、様々な保険商品・特約があります。

そのため選択肢が多い分、しっかり判断しないと無駄な保険・特約に加入してしまう可能性があります

もちろんスミセイライフデザイナーは一人ひとりに合わせた保険を勧めてくれますが、自社製品がメインとなります。

しかし実際は、住友生命以外の保険商品の方が自分の求める保障に合っている可能性もあります。

そういったより広い選択肢から自分にあった保障内容・保険料の商品を選ぶことが、長い間納得して保障を受けるためには重要です。

そのため、スミセイライフデザイナー以外のFP(ファイナンシャル・プランナー)などの第三者から客観的な目線でアドバイスしてもらうと良いでしょう。

無料保険相談サービスを活用しよう!大好評「ほけんROOM相談室」とは?

そこで悩むのがどのような人に相談すれば良いのか、ということでしょう。

特に保険加入時には、自分のライフプランや健康状態・金銭状態などのプライベートな内容まで相談することになります。

もちろん扱う内容はお金や保険といった専門的な内容になるので、それらに詳しい専門のプロに相談することが理想的です。

このような保険にまつわる相談を無料でできるサービスが最近増えていますが、その中でもおすすめなのがほけんROOM相談室です。

無料で保険相談ができるサービスには、実際の店舗にいくことで相談ができるものや、自宅などにきてくれる訪問型のもの、また電話などで相談できるものなど様々ですが、ほけんROOM相談室は

  • 店舗に来店して相談する
  • 自宅やカフェなどで相談する

から選ぶことができます。

また実際に保険を相談する前に電話やLINE@でヒアリングをしてもらうことができ、自分の現状に合わせたFPを選んでくれます。

もちろんどのFPも国家資格を得ておりかつベテランの人ばかりなので、安心して相談することができるのが人気の理由だと言えるでしょう。

何度相談しても無料であることも、気軽に相談できる理由の一つです。

こういったサービスを通じて、相談内容を整理したり、保険選びのシミュレーションをしてみたり、保険選びのアドバイスを受けたりすると良いでしょう。

まとめ:住友生命の満足度は高い!他社と比較検討して納得した保険に加入しよう

ここまで住友生命について、良い評判・口コミや悪い評判・口コミ、住友生命の特徴、加入前に知っておきたいメリット・デメリットなどを詳しく解説してきました。

この記事のポイントは、

  • 加入者満足度は89.2%と加入から保険金支払いまで総じて満足度が高い
  • 加入者の中には担当者の知識不足などに不安を感じている人もいる
  • 住友生命の魅力はライフプランに合わせた多種多彩な保険商品・特約
  • ソルベンシー・マージン比率や格付評価が高いので安心して加入することができる
  • 保険商品だけではなく加入者サービスも充実している
  • 保障が充実している分保険料が高くなることがある
  • スミセイライフデザイナーが一人ひとりに合った保険商品をデザインしてくれるが、FPなどの第三者のアドバイスを参考にすることも大切

でした。

住友生命は1907年創業という歴史も長く、保険料収入・総資産においては日本第4位と信用性・満足度が高い一方で、扱う保険商品数・特約数の多さから、自分に合わせた保険選びが重要になる保険会社であると言えます。

そこで客観的なアドバイスなどを参考にした上で、長い間に渡って満足できる保険加入ができるよう、しっかりと判断して加入するようにしましょう。

 

▼おすすめの外貨建て保険は以下のページで解説しています!

外貨建て保険おすすめ人気ランキングTOP20!評判・口コミを比較【2020年版】

-保険会社の解説

Copyright© 外貨建て保険おすすめランキング.com , 2020 All Rights Reserved.