保険会社の解説

[評判/口コミ]第一生命の悪い評判まで徹底解説!加入者の口コミを紹介

第一生命

第一生命の悪い評判・口コミまで徹底解説!第一生命の保険のメリット・デメリットは?

第一生命は大手生命保険会社として一般の方にも親しみのある保険会社です。

国内での知名度は抜群ですが、ネットでは悪い評判や口コミを目にすることも少なくありません

そこでこの記事では、第一生命に関して

  • 加入者の口コミや評判から調査した第一生命の実態
  • 他社比較の特徴と取扱保険商品の一覧
  • 第一生命の魅力と契約時に注意すべき点
  • 他社の保険商品も検討する大切さと相談のポイント

以上の4点を徹底解説し、ネットで見るような評判や口コミはどうなのかについて検証いたします。

第一生命は日本初の相互主義による保険会社であり、「お客さま第一主義」を経営理念に掲げる伝統ある保険会社です。

保険会社にとって大切なソルベンシー・マージン比率や格付けなどが高く、保険加入者への独自のサービスも行っている魅力的な保険会社です。

この記事を読めば、第一生命の口コミや評判、取り扱い商品の特徴、メリットやデメリット、保険選びのポイントが分かります。

同社の保険会社としての魅力を様々な観点から分析していますから、第一生命について知りたい人はもちろん、実際に保険加入を検討している方も、ぜひ最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. 第一生命の良い評判・口コミは、「営業マンの対応が丁寧だった。」「学資保険の保障が手厚い」「本当に自分に必要な保障を選べた」など。
  2. 一方、「保険料が割高」「保障が手厚い分返戻率が高くない」といった悪い評判・口コミも見られた。
  3. 第一生命は、支払い余力や格付けが高いので安心できる上、自分にぴったり合う商品が選べるほどの豊富な商品を扱っている。
  4. 第一生命の保険に加入するメリットは、自分に合った保障を組み合わせることができる、加入者だけのオリジナルサーポートやアフターフォローが充実しているなどがある。
  5. 第一生命の保険に加入するデメリットは、更新型の場合保険料の値上げに注意しなければならないということがあげられる。
  6. 第一生命の保険が自分に最適な商品なのか知りたい人は保険の専門家と一緒に複数の商品を比較するのがおすすめ
  7. 専門家の質が高いほけんROOM相談室なら今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

第一生命の評判・口コミは?気になる加入者満足度を紹介!

積立年金シリーズの「しあわせ物語」など、非常に幅広い商品を扱う第一生命は、保険加入者からどのような評価を受けているのでしょうか?

こちらでは、当サイト独自の調査で判明した実際のユーザーの声や評判、口コミを複数ご紹介していきます。

第一生命の良い評判・口コミは?保障内容や担当者への満足度が高い

「大手だと担当者の対応が不誠実ではないイメージがあったのですが、全くそのようなことはなく、営業の方はこちらの疑問や質問に丁寧に答えてくれました。」(50代・男性)

「学資保険に加入しましたが、保障が手厚いところが他社との違いかなと思います。」(30代・男性)

「ジャストに加入したのですが、本当に自分に最適な保障内容や保険料を選べたと思います。」(40代・女性)

第一生命の加入者の良い評判・口コミを見ると、保障内容の手厚さや担当者の対応の良さに対して満足度が高いことが分かりました。

第一生命の悪い評判・口コミは?保険料に割高感がある

「他社との違いで挙げられるのが保険料の高さですね。」(40代・女性)

「保障は手厚いがその分返戻率が高くないのがデメリットだと感じています。」(30代・男性)

「まだ年収が安定しないので、最悪死亡保障は充実していなくていいと思っています。営業マンが提案してきた保険料が高かったたので、もう少し保険料が安い商品に加入したかったです。」(20代・女性)

第一生命の加入者の悪い評判・口コミとして、保険料が他社と比べて割高な点や、返戻率の低さを挙げる方がいるようです。

第一生命ってどんな会社?特徴や取扱保険商品を解説!

第一生命は国内では100年以上の歴史がある、国内生保屈指の会社です。

詳細は下記の通りにまとめました。

設立年 1902年
資本金 600億円
従業員数 55,725名(2019年9月末在籍数)
経常収益 3兆7,919億円
経常利益 3,588億円
保険料等収入 2兆3,149億円
当期純利益 1,699億円
保有契約高 6兆1,977億円
ソルベンシー・
マージン比率
970.8%
発行済株式数 6,000株
株主 第一生命ホールディングス株式会社
(100%)

第一生命アニュアルレポート2019

第一生命は2010年に株式会社化して東証一部上場、お客さま第一主義「一生涯のパートナー」を経営理念に掲げて現在も成長を続ける保険会社です。

様々な種類の生命保険や医療保険、介護保険、学資保険や養老保険を幅広く販売しており、保障内容や保険料をそれぞれが自分に合わせて設定できる点が大きな魅力といます。

特徴1:大手生命保険会社という安心感!格付けやソルベンシー・マージン比率も高い

第一生命の特徴としてまず挙げられることは、大手保険会社として非常に安心感が高いことです。

もちろん安心感の高さはイメージだけのものではなく、保険会社の健全性を示す指標であるソルベンシー・マージン比率も970.8%と非常に高い数値となっています。

ソルベンシー・マージン比率は保険会社の支払い余力を示しており、開示が義務づけられています。

日本の生命保険会社は200%以上を保つことが必須とされており、数値が高いほど健全性が高いとされている指標ですから、970.8%は非常に高い数値であると言えます。

ちなみに、ソルベンシー・マージン比率は1,000%を超える保険会社も存在しますが、設立から間もないなどの理由で保有契約件数が少ないと高めに出やすい数値ではあります。

長い歴史があり保有件数も非常に多い第一生命に関しては、保険会社の健全性を正しく表していると言って良いでしょう。

また、格付け各社によって付けられている格付けも軒並み高く、例えば

  • 格付投資情報センター(R&I):AA-
  • 日本格付研究所(JCR)   :AA-
  • スタンダード・アンド・プアーズ(S&P):A+
  • フィッチ・レーティングス(fitch):A+

と、いずれも高い評価をしています。(参考:第一生命HP)

国内最大手保険会社である日本生命に格付情報センターが出している格付けがAAですから、第一生命の保険会社としての安心感は随一であることが分かるでしょう。

特徴2:自分に合わせた商品が魅力!取扱保険商品を解説

第一生命が現在取り扱っている保険商品は、下表のとおりです。

保険種類 商品名 概要
病気・ケガに備える
保険
ぴったりが見つかる保険
ジャスト
自分に必要な保障を選べる
健康診断結果を出すことで保険料割引がある
就業不能保険 ジャスト就業不能保険 ケガや傷病等で2週間以上の入院から生活費をサポートしてくれる、手頃な保険料の保険
認知症保険 ジャスト認知症保険 要介護状態の原因第1位である認知症への一時金補償をする保険
個人年金保険 しあわせ物語 老後や教育など将来のための資金を計画的に準備できる個人年金保険
ながいき物語 年金受取開始前の死亡保障を行わず解約返還金を抑えることで、年金額を大きくしたトンチン性の高い個人年金保険
学資保険 子ども応援団 Mickey 大学進学にかかる教育資金を計画的に準備できるこども学資保険
外貨建て保険 プレミアカレンシー・
プラス2
外貨の高金利で運用できる個人年金保険
プレミアプレゼント 外貨の高金利で運用し、家族への相続準備にも使える終身保険
健康告知なしで加入が可能
プレミアレシーブ 定期支払金と一生涯の補償を両立させた外貨建て終身保険
プレミアストーリー2 「生前贈与プラン」と「自分年金プラン」の2つから選べる養老保険
ペット保険 うちの子 ペットの通院、入院、手術までカバーするペット医療費用保険
うちの子 Light ペットの手術と手術を含む入院に補償を限定することで保険料を抑えたペット手術費用保険
レジャー保険 SNAP INSURANCE 1日から加入できる短期少額レジャー保険
1日81円から加入ができる

上記の他にも、損保ジャパン日本興亜の損害保険商品やアフラックのがん保険、さらには投資信託など、他社との連携も含めた幅広い種類・内容の商品を取り扱っているのが第一生命の魅力です。

また、グループ会社が取り扱っている商品の紹介もしてもらえるため、第一生命を窓口としてほぼ全ての「万が一」に対する備えができると言っても過言ではありません。

中でも様々な保障を組合わせてパッケージで契約することができる「ジャスト」シリーズは現在のウリとなっており、幅広い消費者のニーズに応えた保険商品であると言えます。

特徴3:安心して加入できる定期フォローの実施

第一生命は「お客様第一」を経営理念に掲げ、契約者のフォローに力を入れています。

担当の生涯設計デザイナーの訪問やコンタクトセンターからの電話など、様々な方法で加入者の契約内容や支払事由・履歴の確認などをする 「安心の定期点検」活動を実施しているのです。

保険契約者にとって大切なのは、万が一の際に確実かつ速やかに保険金を受け取ることができるかどうかですよね。

保険金支払いの段階でトラブルが発生すると、契約者の保険そのものに対するイメージも悪くしてしまいます。

そのため、万一の時確実に保険金・給付金を支払えるよう会社をあげた漏れのない契約者フォローを行っている第一生命なら、契約する安心感は高いと言えるのではないでしょうか。

加入前に知るべき!第一生命での保険加入のメリット・デメリットは?

第一生命の特徴は、幅広い種類の商品を多く扱い、契約者一人一人に適した保障内容や保険料を選んで契約することができる点であると、これまで説明してきました。

けれども実際に契約する際には、他の保険会社と比較した際のメリットやデメリットについてより深く理解をしておく必要があります。

そこでここからはもう少し具体的に、第一生命で契約するメリットとデメリットについてそれぞれご説明いたします。

メリット1:自分に合わせた保険加入ができる

現在の第一生命における主力商品である「ジャスト」は、様々な保障から自分に適したものを選択して加入することができる商品です。

一つの補償だけで契約することもできますし、複数の保険を組み合わせてパッケージ契約として加入することもできますので、自身に必要な保障と保険料のバランスを考えながら契約することができます。

がんや急性心筋梗塞、脳卒中だけでなく要介護状態や身体障がい状態など、様々なリスクへの備えが可能です。

また、契約時に健康診断書を提出することで保険料が割引される「健康診断割」サービスも行っており、保険料を抑えながら安心して契約することができます。

3大疾病に対する備えや突然の手術・入院、就業不能保険など幅広い保障種類を付けることができるため、「自分に必要なリスク対策を選ぶのが難しい…」という方には適した商品と言えるでしょう。

また、逆に単独での契約もできますから、健康診断割と合わせて保険料を抑えた契約も期待できます。

メリット2:加入者だけのオリジナルサポートが充実

第一生命の契約者には、専用のサポートがいくつも用意されています。

  • メディカルサポートサービス
  • 「健康第一」アプリ
  • おめでとう!プレゼント

それぞれ、概要を確認します。

メディカルサポートサービス

メディカルサポートサービスでは、以下のような相談に専門相談員が無料で対応しています。

  • 専門医のいる病院やセカンドオピニオンの案内、健康診断の受信可能な医療機関の情報提供
  • 公的介護制度に関する相談や日常の介護、人死傷の対処法や緩和ケアなどについて相談
  • 女性の病気についての疑問や相談(対応するのは女性の相談員)
  • 子や孫の健康についての相談

精神的な不安には「こころの電話相談」が用意されており、臨床心理士や精神保健福祉士などの心理専門職が心の悩みに対応してくれます。

また、「セカンドライフサポート」はがん検診サービスや警備会社のみまもりサポート、介護用品・福祉用具の優待、就活サービス、排尿サポートに至るまで、セカンドライフに役立つサービスです。

「健康第一」アプリ

第一生命の契約者であれば専用のアプリが利用できます。

健康診断結果をアプリで読み取るだけで、健康年齢と健康タイプがその場で分かるアプリとなっており、あなたの健康リスクや今後の健康課題に対する改善アドバイスも提案してくれるのです。

その他にも、ディズニーデザインの歩数計やサラリーマン川柳アプリなど楽しいサービスが充実しています。

おめでとう!プレゼント

契約者の結婚や出産、子供や孫の小学校入学などといったライフイベントの記念やお祝いに、様々なお役立ちグッズをプレゼントしてくれる嬉しいサービスです。

申し込みを行えば、契約者の登録住所に約4週間でプレゼントが届きます。

上記の他にも、契約者専用サイトや生命保険控除の計算ツールなど、様々な契約者専用サービスが充実しているのが、第一生命の魅力の一つと言えるでしょう。

デメリット1:保険料が更新型の場合は保険料の値上げに注意が必要

第一生命の大きな特徴ともいえる商品「ジャスト」は、更新型の保険です。

更新のたびに保障内容が増えたり変更をしたりと、保険料が値上がりしていくことも多々ありますので、必要以上に補償を付けてしまっていないか注意が必要と言えるでしょう。

保険は1回加入したら終わりではなく定期的な見直しが必要であることを念頭におき、ライフステージの都度相談できるような体制を作っておくことが大切です。

保険は比較的複雑な商品ですから、商品を売る側も契約者の状況や考えを正確に把握しなければ、適切な保障設計をすることができません。

先ほどお話しした通り、第一生命は契約者アフターフォローに力を入れていますから、担当の営業マンや職員には、思っていることや考えていることをなるべく伝えるようにしましょう。

もし相談をしにくいようであれば、専門家は他にも沢山いますから、様々な方法を検討することも可能です(後ほど説明いたします)。

遠慮をしてしまい、後でかえって損をしてしまわないように注意しましょう。

保険を検討するときは他社との比較が必要!第一生命の営業マン以外にも相談がおすすめ

生命保険の契約は、実は人生においても自宅や自動車の購入の次に関わる金額が大きくなる、とても重要な契約です。

そのうえ、保険商品は複雑なうえに一人一人のニーズや経済状況、ライフステージなどによって最適なプランは異なります。

そのため、一人の営業担当者があなたが必要とする情報を全て把握し、いつでも最適な提案をしてくれるとは限らないのです。

保険の営業マンやいわゆる生保レディの方に強く勧められたとしても、よく分からないからとその場で即答して決めてしまうのは避けましょう。

セカンドオピニオンのような形で、他の専門家にも説明や相談を受けることが大切なのです。

また、第一生命の保険は更新型のものもあるので、年齢に合わせて見直しをしたり、加入時にも他社と比較した上で自分に合わせたものを選ぶことが必要と言えるでしょう。

無料保険相談サービスを活用しよう!人気の「ほけんROOM相談室」とは?

専門家の話を良く聞いて、比較検討するのが保険商品選びに大切だと言われても、いざ行動するとなったら誰に相談すればよいのか分からないものですよね。

保険代理店や街角の保険相談サービスの中からどれが良いか決めるだけでも一苦労ですし、何よりも忙しい生活の中でそこまでの時間や労力を保険選びだけにかけることもできません。

そこで気軽に利用でき説明も詳しくておすすめなのが、「ほけんROOM相談室」という無料の保険相談サービスです。

街でよく見る保険相談サービスだと、相談前や見積作成時に店舗で待たされることも結構多いものです。

その点、ほけんROOMはWebや電話での事前相談や予約ができますから、スムーズに相談ができます。

相談員は全員がFP(ファイナンシャルプランナー)の資格保持者であり、ベテランから知識が豊富な若手まで幅広いFPがそろっているので、どなたでも相談がしやすいのが魅力の一つです。

また、FPは保険だけでなくお金全般の専門家ですから、保険契約を切り口として資産運用や住宅ローンの返済計画など、お金に関する様々な相談に幅広く乗ってくれます。

資産の活用法は保険だけではありませんから、視野を広くして相談に乗ってくれるのは、消費者としては嬉しいですよね。

また、日本全国47都道府県の様々な場所で相談が可能で、駅近の店舗やご自宅はもちろん、近くのカフェやレストランなど、相談場所を選ばず面談ができるのです。

面談は何回でも無料で、あなたの都合の良い場所で複数の保険会社から商品比較ができるため、保険選びをストレス少なく納得するまで行うには最適なサービスと言えます。

また、相談員はあくまでも中立的な立場なので、あなた自身に合った商品・プランを紹介することに注力してくれます。

「契約までしてもらわなければ!」なんて強引な勧誘はありませんから、保険会社の営業マンから保険に加入するよりもおすすめできるのではないでしょうか。

Webでの簡単な相談から始めることができますので、お気軽に活用してみることをおすすめします。

まとめ:第一生命は自分に合わせた保険が魅力!他社と比較検討して加入しよう

今回の記事では、第一生命の口コミや評判と加入時のメリット・デメリットについて、

  • 加入者の口コミや評判から判断する第一生命の実態
  • 第一生命の概要と保険商品一覧
  • 第一生命で契約する際のメリットとデメリット
  • 保険商品選びや契約手段のポイント

以上の4点に整理してお話しいたしました。

第一生命は、幅広い商品から最適な組み合わせの補償を選択することができますし、アフターフォローやオリジナルのサービスも充実している、大手ならではの魅力にあふれた生命保険会社と言えます。

保険について詳しい人でもそうでない人でも、安心して保障設計をまかせることができるのではないでしょうか。

ライフステージや経済状況の変化に応じた保障の見直しは、確かに大変な作業ではあります。

信頼できる営業マンなどの担当者を見つけていただくことが、保険選びの大切なポイントなのかもしれませんね。

そういった意味でも、第一生命での加入を検討されている方もお金の専門家であるFPが豊富な保険会社の商品に関して説明してくれる、無料相談サービスを活用すると良いでしょう。

保険の加入時には客観的な目線での比較が重要ですから、複数の保険会社と商品を扱っているサービスの利用を、是非とも検討してみてください。

 

▼おすすめの外貨建て保険は以下のページで解説しています!

外貨建て保険おすすめ人気ランキングTOP20!評判・口コミを比較【2020年版】

-保険会社の解説

Copyright© 外貨建て保険おすすめランキング.com , 2020 All Rights Reserved.